「四番〜レフト、田中〜」実際のアナウンス席でアナウンスも体験できる。(c)TVh

写真拡大

 現在では強いイメージのあるプロ野球の北海道日本ハムファイターズだが、実は、2004年に北海道に移転する前は30年間で1度しかリーグ優勝していない(1981年)。その年は、大沢親分が監督で江夏豊投手を擁していた。大沢親分のメディアでのインパクトが強いので、日ハムは強かったかのような印象を受けるが、実はそうでもなかったわけだ。

 それが、今年で北海道に移転して10年目の同球団は、なんとこの9年間に4度もリーグ優勝している(2006年、2007年、2009年、2012年)。しかも、北海道移転後は3人の監督(ヒルマン、梨田、栗山)全員が優勝を経験しており、監督に左右されない強さを誇っている。

 なぜこのように球団は変身できたのかをビジネス的観点から見てみようということで、担当している番組、テレビ北海道「けいざいナビ北海道」で先日特集を組んだ。今回はその内容をご紹介する。

徹底した顧客サービスを貫く姿勢

 ファイターズの強さの秘密を球団の津田社長に聞いてみると、徹底したファンサービスがその一因だとのこと。ファンサービスファーストが球団の行動指針で、ファンが球場に来た時にいかに喜んでもらえるか、その点にこだわっているという。

 これまでにファイターズが行ったユニークなファンサービスとしては婚活シートが有名だ。野球観戦をしながら婚活もできてしまうというもの。

 そして今回の番組では、ファミリーデイの取り組みを紹介した。子供連れでも楽しめるように子供向けの遊具施設の設置しているほか、ファンクラブ会員の子供たちには、「4番レフト中田」など球場のアナウンス、グラウンド整備、ボールボーイなどの体験機会を提供している。

 またデーゲームの日に限ってだが、試合後にグラウンドを開放し、子供たちがキャッチボールができる。またファンクラブの子供たちには、選手がノックまでしてくれる。子供たちにとっては球場に行きたくなる仕掛けが満載というわけだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)