スマホ画面についた指紋やファンデーションなどの汚れ…。そのまま使用していると、画面に残った皮脂からAndroidのパターンロックを見破られてしまうかも?!しっかりセキュリティ対策してみて!

■うっかり使用が命取りに?! 絶対使ってはいけないNGアイテム

【その1】ティッシュペーパー

いつも身近にあって便利なティッシュペーパーを使って、スマホ画面を拭いている方は多いのでは? 実は油脂成分の多いスマホ画面の汚れは、ティッシュペーパーでは落ちません。ふき取ってキレイになるどころか、汚れを画面いっぱいに伸ばして広がっているだけ。使用を控えた方がよさそうですよ。

【その2】ウェットティッシュ

ティッシュペーパーに比べると、油脂成分の汚れには強いウェットティッシュ。でも、スマホ画面には適さない成分が含まれているので、せっかく汚れは落ちても、乾いたときにべたついてしまうことが…。液晶専用のアイテムを使用するようにしましょう。

【その3】目の粗い布

スマホ画面の汚れが落ちる…という問題の前に、ディスプレイを傷つけてしまう危険性があります。さらに、糸くずがボロボロと落ちて、表面に付着してしまうことが。画面をクリーニングする際は、目の細かい布を使用するようにしてくださいね。

【その4】指や爪

親指や手のひらで画面をこすると、なんとなくキレイになった気がしますが、実は指紋や油脂汚れを広く伸ばしているだけ…。隅の方にこびりついた汚れを爪でカリカリと落とすのも、ディスプレイを傷付ける可能性があるので、絶対にやめましょう。

これから夏に向けて、スマホ画面はさらにベタベタに…。次回は「スマホ画面の指紋、ベタベタ解消方法〜おすすめアイテム編」をご紹介します。最新のお手入れアイテムをチェックしてみて下さい。

■関連記事

「スマホのリスクから身を守るために絶対気をつけておきたいこと7つ」