掛かりな強盗によってコンサートの収益金が盗まれたジャスティン・ビーバー (c)Hollywood News

写真拡大

ジャスティン・ビーバーの南アフリカでのコンサート会場であったヨハネスブルグの球技場「FNBスタジアム」が大掛かりな強盗の被害に遭い、コンサートの収益金が盗まれたことが明らかになった。

ゴシップサイト「TMZ」によると、ジャスティンが現地時間5月12日の夜にコンサートを行った直後に、強盗団が地面を掘って同スタジアムの金庫部屋までのトンネルを作り、ロープを使って部屋にたどり着き、ジャスティンのコンサートの収益金である約33万ドル(約3261万円)の現金を盗んだのだという。スタジアム側の人間は、翌日である13日の朝に、金庫からお金が無くなっていることに気がついたようだ。

現地警察は、今回の事件は用意周到に計画されたものであり、内部犯行の可能性があると発表している。スタジアムで雇われていた何人かの警備員が事件に関与している可能性もあるらしい。現在の時点で、まだ逮捕者は出ていない。

まるで映画『オーシャンズ11』(01)のように大掛かりな今回の強盗劇は、世界を仰天させている。ジャスティンは、彼のファンが払ったお金が強奪されたことに、ショックを感じているのではないだろうか。【村井 ユーヤ】