「24」主演のキーファー・サザーランド写真:AP/アフロ

写真拡大

2010年にシーズン8で完結した米人気テレビドラマ「24/TWENTY FOUR」が、復活する可能性があるとDeadlineが報じた。

テレビ放送終了後、映画化企画がスタートしたものの、昨年頓挫していた。その後、「24」の製作総指揮を手がけ、現在は「HOMELAND」の企画・制作総指揮を担当しているハワード・ゴードンがテレビドラマとして復活させるアイデアを提案し、現在は実現に向けての話し合いが行われているという。

米20世紀フォックスは、レギュラー番組ではなくエピソード数限定のドラマとして企画しており、ジャック・バウアー役のキーファー・サザーランドは出演交渉中だという。なお、12年に放送開始となったサザーランド主演の超自然スリラードラマ「TOUCH タッチ」は、シーズン2で放送終了になっている。

■関連記事
【写真】意味深なキーファー・サザーランドのタトゥー
映画版「24」、1年撮影延期に
映画版「24」が頓挫の危機 配給と製作が予算面で対立
キーファー・サザーランド「HEROES」クリエイターの新ドラマに出演
キーファー・サザーランド、「24」クランクアップで男泣き