サザビーリーグ、低価格雑貨タイガーと独占的パートナーシップ交渉中

写真拡大

 サザビーリーグが、北欧デザインで人気の雑貨ブランド「Tiger(タイガー)」を展開するZebra社と独占的パートナ ーシップの契約について交渉していることを発表した。契約が成立した際には、両社ではジョイントベンチャー・パートナーシップ方式を採用して、「Tiger」の国内店舗ネットワークの拡大に取り組んでいく予定。

サザビーリーグがタイガーと独占契約交渉中の画像を拡大

 「Ron Herman(ロンハーマン)」をはじめ数多くの海外ブランドを日本のマーケットに紹介してきたサザビーリーグは創業以来、「半歩先のライフスタイルの提案」を企業理念としている。Zebra社が運営する「Tiger」は、ユーモアのある魅力的な雑貨を種類豊富にリーズナブルな価格で展開しており、ともにライフスタイルを大切にするスピリットや価値観に親和性があるということから、交渉に至ったという。

 デンマーク・コペンハーゲンを拠点としたZebra社は、1991年創業。北欧のデザインとショッピングの楽しさをコンセプトに1995年にスタートした「Tiger」は、現在は、ヨーロッパを中心に世界19カ国で220を越える店舗を展開している。日本には、2012年7月にアジア初の店舗「タイガーコペンハーゲン アメリカ村店」を出店。オープン当初は想定以上の来店客数により品薄状態で臨時休業となり、一躍人気ブランドとして知られるようになった。