働く女性の70.2%が「”オス化”している」 - ヒゲや加齢臭など身体的実感も!?

写真拡大

ウエディングパークが運営する「ガールズスタイルLABO」は、男女160名を対象に「男女の印象」に関する実態調査を行い結果を発表した。調査は4月11日〜30日、20代〜50代の女性136名、男性24名、計160名に対しインターネットに行った。

調査ではまず「女性らしくいることを面倒、煩わしいと思ったことはありますか。(単一回答)」と質問。女性らしくいることを面倒だと思ったことがあると回答した割合は、専業主婦やアルバイト等の女性が44.8%だったのに対し、フルタイムで働く女性(会社員 ⁄ 契約社員 ⁄ 自営業 ⁄ 公務員 ⁄ 専門職)では54.5%と半数以上だった。

「共働きでも家事を主にやらなくてはいけない」(29歳女性)、「日々の化粧や身だしなみなど、外見を整えることがマナーになっているところ」(26歳女性)、「無駄毛の処理が面倒。男なら、処理しなくて済むのに…」(27歳女性)などの理由があげられたという。

フルタイムで働く女性に対して、「自分は”女だ”と実感できる体験はいつありましたか。例:男性が重い荷物を持ってくれた等(単一回答)」という質問をしたところ、3割以上が「1か月以上、自分を女性だと実感できる体験がない」また、その多くが「最近ない/覚えていない」を選択していることがわかった。

フルタイムで働く女性に「自分自身を”男性っぽい女性(オス化女子)”だと思ったことはありますか。(単一回答)」という質問をしたところ、「思ったことがある」と回答した人が70.2%にも上り、専業主婦/アルバイト等の女性と比べると2割も多い結果となった。また、「オス化女子」を実感する理由としては「気が強い(87.2%)」「言動が荒い(41.0%)」など、気持ちや振る舞いなどの他に「ヒゲや濃い毛がはえてきた(25.6%)」と身体的に実感している女性がいることがわかったという。

具体的にオス化を実感する時については、「加齢臭が気になり出した。」(37歳女性)、「口周りの産毛が少し濃くなってきて、3日に1回は剃っていること。」(24歳女性)、「1人でどこでも入れること、女子会が苦手なこと、スポーツ観戦しながらビールを飲んで幸せを感じる瞬間、居酒屋で店員さんを呼ぶ声が大きいとき、小汚い定食屋が落ち着く瞬間、かわいい女子アナをチェックしてしまうときなどに男っぽいなと感じます」(31歳女性)などがあげられたという。

調査結果詳細は「ガールズスタイルLABO」で公開している。