スター・トレックが絶好の出足、前作振るわなかった地域も大ヒット。

写真拡大

巨匠J.J.エイブラムス監督最新作となるSFアクション超大作「スター・トレック イントゥ・ダークネス」が、5月16日の全米公開に先立ち、9日から7か国で公開。各国No.1となったほか、驚きの興行成績を記録するなど、絶好のスタートを切った。

公開されたテリトリーは、英国、ドイツ、オーストリア、スイス、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコの7か国で、英国(前作対比150%で1,330万ドル)、ドイツ(180%で700万ドル)を筆頭に、各国とも150〜300%となる成績をあげ、累計3,100万ドルを記録。これは前作対比で170%となる。

特筆すべきは、前作の成績が振るわなかった、「スター・トレック」ブランド未定着の3か国(メキシコ、ニュージーランド、オーストリア)でも、前作比250〜300%を記録したこと。この数値で換算すると、前作の1億2,800万ドルに対し、インターナショナルの成績だけで3億ドル突破が見込まれ、ワールドワイドでは前作3億8,500万ドルに対し、6億ドル以上の超大ヒットが期待される。

いよいよ5月16日からは、全米をはじめ、ロシアなど16か国でも公開。全世界に「スター・トレック イントゥ・ダークネス」旋風が吹き荒れることになりそうだ。


☆「スター・トレック イントゥ・ダークネス」ストーリー

平和を謳歌する地球に、突如訪れた史上最大の危機。それはエンタープライズ号の内部に潜んでいた静かなる悪のもたらしたものだった。壮大な宇宙を舞台に繰り広げられる生死を賭けた闘い。仲間との絆は引き裂かれ、愛は試される。世界と引き換えにカークが、エンタープライズ号のクルーが、払わなければならない「犠牲」とは――。

日本では、8月23日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか、全国超拡大ロードショー。