【インタビュー】大塚博美 – パリのモード界と東京ブランドを繋ぐ、ファッション・コーディネーター (第1回/全2回)

写真拡大 (全10枚)

取材・文: 姥山良子 写真: 奥山由之 英語翻訳: Oilman

 


Hiromi Otsuka | Photography: Yoshiyuki Okuyama

パリを拠点にランウェイ、展示会、ロケ撮影をサポートするファッション・コーディネーターとして活躍している大塚博美氏。UNDERCOVER (アンダーカバー)、JOHN LAWRENCE SULLIVAN (ジョン ローレンス サリバン)、kolor (カラー) といった名だたる東京ブランドのパリ進出成功の裏には、この人の功労があると言っても過言ではないだろう。パリと東京、2都市のファッション業界をパラレルな視点で捉え、双方を結ぶ経路を明確に形づくる大塚氏に、その仕事内容やパリでデザイナーが成功するための条件などについてお話をうかがった。

 

 

- まず、パリでファッションのお仕事を始められたキッカケは何だったのでしょうか。

もともとフランス映画や音楽が好きだったのですが、初めて旅行に行ったとき、サクレクール寺院に登って目の前に拡がるパリの夜景を見ながら「いつかここに住むだろう」という気がしました。当時は地元・熊本でロンドンから送られてくるヴィンテージや旬なストリートブランドを扱う小さなショップを営んでいましたが、ある日知り合いがパリの現地バイヤーを探しているという話を聞いて、自ら志願して行くことに。渡仏当初は洋服とアクセサリーのバイイングをしていました。

 

 

- その後、ファッション撮影やショーのコーディネーターとしてご活躍されていますが、その経緯をお聞かせください。


JOHN LAWRENCE SULLIVAN | Photography: RENÉ HABERMACHER

ファッション撮影に関わる契機となったのは、スタイリスト、ソニア・パークさんとの出会い。最初は撮影の際にアイロン掛けをするアシスタントを探してくれと頼まれたのですがアイロンくらいなら私でも掛けられるよ、と生まれて初めての撮影に参加することに。パリの可愛い場所などを提案するうちにソニア・パークさんと意気投合して、次の撮影時にはコーディネーターになっていました。なので、コーディネーターとして研修をした経験はないんです。また、初めてファッションショーのコーディネートを担当したのは、90年代初頭の YOHIKI HISHINUMA (ヨシキ ヒシヌマ) のコレクション。この時は COMME des GARÇONS (コムデギャルソン) などのショーを手掛ける演出家の若槻善雄さんからお話がきました。ショーのコーディネートは、セールスエージェントやプレスオフィスを見つけることから、会場やモデル・キャスティングの手配、またスタッフのホテルのブッキングまでと多岐に渡ります。当時は人脈も経験も無かったのですが、なんとなく「やれるかも知れない」と思って引き受けました。

 

 

- ファッションショーの初仕事から現在に至るまで、コーディネートを手掛けたブランドは?


UNDERCOVER 2013-14AW


UNDERCOVER 2013-14AW

 

YOHIKI HISHINUMA の約2年後にアバハウスの 0918、および 5351POUR LES FEMMES (5351プーラ・ファム) のショーを手掛けました。レディース2ブランドを掛け持ちすることになって、忙しい時期でした。そして2003年春夏コレクションに UNDERCOVER のパリ・デビューとなるショーを担当。以後、UNDERCOVER のコーディネートは継続して行っています。その後は2004 -05年秋冬コレクションから NUMBER (N)INE (ナンバーナイン) のショー、2008年春夏コレクションから MISTER HOLLYWOOD (ミスター ハリウッド) の展示会、あいだに DRESSCAMP (ドレスキャンプ) のプレゼンテーションを挟んで、2012-13年秋冬コレクションからJOHN LAWRENCE SULLIVAN (ジョン ローレンス サリバン)、kolor (カラー) のショーを手掛けています。


JOHN LAWRENCE SULLIVAN 2013-14AW


JOHN LAWRENCE SULLIVAN 2013-14AW

 

2/2ページ: 日本のブランドが、パリで成功するために必要なこと


Hiromi Otsuka | Photography: Yoshiyuki Okuyama


- そうそうたるラインナップですね。日本のブランドが、パリで成功するために必要なことは何だとお考えでしょうか。

「このブランドはこうなんだ」という明確な‘個性’です。海外のバイヤーに評価されるには、ハンガーラックにかかっている服を見ればそのブランドだと認識できるようなオリジナリティが大切。kolor を例に喩えると、独特のシルエットや色の組み合せ、裏地などのディテールへのこだわりに強いオリジナリティがうかがえます。 ‘個性’があるということは即ち、デザイナーが自分の好きなもの、作りたいものを作っている、ということではないでしょうか。


kolor 2013-14AW


kolor 2013-14AW

- 現在パリを拠点に、パリと東京を年4〜5回のペースで行き来されているそうですね。二都市のコレクションの違いはどんな点にあるのでしょうか?

パリのレディスのファッションウィークは約10日間に渡る凝縮された日程が組まれていて、期間中にショーを行い、そのまま展示会をやって、「見たら熱いうちに買わせる」「来たお客さんを逃さない」というシステムになっています。一方、東京の場合はショーと展示会の期間が離れるため、コレクション中に海外からバイヤーが訪れても、まだ展示会をやっていないから買えない、というのが実情。折角デザイナーが頑張っていて、いいショーもたくさんあるのに、海外との取引が成立しにくい状況です。ショーの1,2日後にはバイヤーが実際に商品を手に取って見られる、オーダーできる、という連結したスケジュールにすべきではと思います。

 


- ルックブックによるオーダーではなく、 バイヤーが商品を手に取ることが大切なんですね。

日本の服はディテールまで凝って作られていて、かつ仕立てが綺麗なものが多い。実際手に取ってみせることによって「こんなところまで細工が行き届いている」と、服好きの人を喜ばせ魅了する力があります。海外で販売する際には価格帯的に高級ブランドと並ぶゾーンになりますが、それでも日本のブランドのクオリティは十分競争力があります。

(第2回/全2回)【インタビュー】大塚博美 – パリのモード界と東京ブランドを繋ぐ、ファッション・コーディネーター

 

 


Hiromi Otsuka | Photography: Yoshiyuki Okuyama

大塚博美 (おおつか・ひろみ)
在仏26年。フリーランスのファッションコンサルティング、コーディネーター、キャスティングとして活動中。パリで行われるファッションショー、展示会、イベント等で日本の才能溢れるクリエーターの海外進出をサポートするパリ母。世界各地での撮影では日本人フォトグラファーのサポートを始めとし、海外フォトグラファーとの撮影もアレンジするひとりプロダクション。

HP
URL: http://www.hiromiotsuka.com

Blog
URL: http://fatale.honeyee.com/blog/hotsuka