ネイルトレンド2013-14年秋冬のキーワードは「フレッシュ・フレッシュ」

写真拡大

 NPO法人 日本ネイリスト協会(以下、JNA)が5月13日、2013-14年秋冬のネイルアートトレンドを発表した。同日に開幕した「東京ネイルフォーラム2013」で明らかとなった同シーズンのトレンドキーワードは「FRESH FLESH 〜フレッシュ・フレッシュ〜」。特別ゲストとして登場した菜々緒などのモデルが、ニュアンス系ピンクを基調とする最新ネイルアートを披露した。

13-14年秋冬のネイルトレンド発表の画像を拡大

 「東京ネイルフォーラム2013」を主催するJNAのプロジェクトチームは、4つのテーマと最新のキーワードを掲げて毎年2回ネイルアートのトレンドを発表。今回のネイルトレンドステージ「TOKYO NAILS COLLECTION 2013 A/W」ではエロティシズムとピュアな少女性を表現した「タトゥー」とネオクラシカルな「トゥー・ビー・エレガンス」、レースやスパンコールを用いた装飾性が映える「スパイス」、神秘的で奥深い宇宙をイメージした「アストラル」という4つのテーマに基いてツイードやパール、天然石など様々な素材を取り入れたネイルアートがデモンストレーション形式で紹介された。

 今回のネイルトレンドを総評し、JNA 教育委員会 委員長 仲宗根幸子は「見せるだけのアートではなく、細かい技術面も参考にしてほしい」と会場に集まる多くのネイリストに向けてコメント。デモンストレーションに続いてステージには2012年ネイルクイーンの菜々緒が登壇した。「東京ネイルフォーラム2013」は、5月15日まで「東京ビッグサイト」で開催されている。

■東京ネイルフォーラム2013
 http://nailevent.jp/nailforum13/