サントリーウイスキー”角”から「プレミアム角瓶」登場! 試飲会に行ってきた

写真拡大

サントリー酒類は5月21日、サントリーウイスキー「角瓶」の新ラインナップ「プレミアム角瓶」を全国で発売する。これに先がけて”角ファン”約100人を招いて9日都内で開催された「プレミアム角瓶大試飲会」に行ってきた。

角瓶は1937年発売以降、日本人向けの味わいと亀甲型ボトルで親しまれてきたウイスキーのロングセラーブランド。今回発売されるプレミアム角瓶は、”手に届く贅沢。”をコンセプトに、「自分へのご褒美」や「大切な人と過ごすちょっと特別な時間」など、”小ハレのひと時にふさわしいウイスキー”として誕生した。

会場では、同社の福與伸二チーフブレンダーが、味について解説。プレミアム角瓶は、角瓶らしいバランスのとれた味わいはそのままに、プレミアム感(重厚感)を備えたものとして開発したという。原料には、シェリー樽原酒やワイン樽原酒など、山崎蒸溜所、白州蒸溜所のこだわりのモルト原酒が使用されているとのこと。

いよいよ試飲。来場者の角ファンたちにプレミアム角瓶のグラスが配られる。「乾杯」の発声とともに、それぞれが一斉に味わった。次の瞬間「なるほど」の声があがり、「おいしい」「違うね」「いいね」などの声が漏れていた。

先の解説で福與チーフブレンダーが「角には強いファンがいる。お客さまも社内も味にはうるさいんです」と話していた。会場では早くもその角ファンをうならせ、心をつかんでいたようだ。

筆者もいただく。グラスに口を近づけただけで、ふわっと芳醇な香りが漂ってくる。甘みがあり、濃い重厚感のある味わいが口の中いっぱいに広がる。なるほど、この味わいは”プレミアム”だ。

ロックはもちろん、ハイボールでも楽しめる。ロックだと甘みが際立ち、ハイボールにして飲んでも、ちょっと濃い、贅沢な味わいだった。

サントリーウイスキー「プレミアム角瓶」(700ml、アルコール43%)は、5月21日発売。価格は2,000円。

瓶には、亀甲文様や楕円のラベル、初代マスターブレンダーである創業者・鳥井信治郎のサインなど角瓶のデザインが踏襲されている。さらにスタイリッシュな細身のボトルや日本の伝統色である藍鉄色のラベルを採用し、質感のあるデザインに仕上げたという。

ウイスキーのロングセラーブランドの挑戦、ぜひ味わってみてほしい。