新作映画『R100』の製作報告記者会見に松本人志監督、大森南朋、大地真央ら豪華キャストが集結

写真拡大

5月13日(月)、4作目となる松本人志監督の新作映画『R100』製作報告記者会見が開催された。松本人志監督の他、主演の大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永愛、渡辺直美、前田吟、松尾スズキ、渡部篤郎が登壇した。10月5日(土)より全国公開されることが決定した『R100』は、1月10日にクランクイン、4月8日にクランクアップし、現在順調に編集作業が進行中だという。

【写真を見る】冨永愛も露出度満点の衣装で撮影したと語る

詳しい内容については大人の事情で明かせないとのことだったが、「謎のクラブ」など怪し気なキーワードが散りばめられているという。寺島が「(肌の)露出度的にはこれまでの作品と似ているところがあるかも。衣装合わせは恥ずかしかったけど照れちゃうといやらしいので、照れないようにしました。みんなも露出されているので、私もやらないとね」と語った。

すると松本監督は、「寺島さんは潔くて素晴らしかった。ただ、まだ見てない人たちからすると、(このコメントで)ものすごい露出系の映画みたいに思われそう(笑)」と苦笑い。冨永は「私は全体の60〜70%くらい露出しているかな」、大地は「私は人生で一番の露出度!」、渡辺は「私はほぼ出ちゃってる(笑)」と過激なコメントを続けた。ちなみに、大森は「作品の半分くらいのシーンが裸に近い状態」で、「撮影はきつい部分もありました」と内心を吐露した。

最後に報道陣から、「どのような作品に仕上がると思うか?」と問われ、大森は「映画の常識的なところは軽く超えていくのではないかと思います」と答えてくれた。松本監督は「広く海外の人にも見てもらえたら。映画は海を渡るものだと思っているので」と強くアピールして記者会見を締めくくった。【取材・文/平井あゆみ】