週刊ヤングジャンプ(集英社)で好評連載中の人気漫画『キングダム』(作:原泰久)が、5月13日(月)発売の「週刊少年ジャンプ」24号に読み切り作品として初めて掲載されます。同作は週刊ヤングジャンプで幾度も巻頭カラーを飾っている大人気春秋戦国大河ロマンコミックで、第17回手塚治虫文化賞のマンガ大賞も受賞。今回の読み切り掲載で、新たなファンを生むことが予想されます。

 集英社は同作のコミック1〜10巻までを無料購読できるキャンペーンを4月1日〜14日まで実施しており、2週間で150万以上の観覧数を記録しました。そしてこの好評をうけ、読み切り掲載にあわせるかたちで無料購読キャンペーンを再開するとのこと。特設サイトはPCとスマートフォンどちらからでも閲読可能で、期間は5月13日から26日まで。6月からは第2シリーズがBSプレミアムで放送が予定されているので、アニメ放送にあわせて読んでみてはいかがでしょうか。

 舞台は中国春秋戦国時代、500年の争乱が続いた紀元前。戦争で親を失い秦国の片田舎で暮らしていた信(しん)は、同じ戦争孤児の境遇にあった漂(ひょう)と集落の長のもとに引き取られ、奴隷同然に暮らしていました。2人は恵まれた環境にはなかったものの"中華全土に響き渡る天下無敵の大将軍"になることを夢見て日夜、剣術の稽古に励んでいました。そしてある日、その稽古が偶然通りかかった王宮の人間の目にとまり、物語は大きく動き出すことに......。

 本作は、乱世に身を投じた信というひとりの少年を中心におこる人間ドラマや、天下統一を目指す人間たちの業のぶつかり合いが見どころ。また一般的に中心人物として語られることのない中国史上の将軍・李信が主人公という点も、本作の魅力のひとつのようです。

 漫画『キングダム』は現在30巻まで発刊。歴史上の人物が多く登場する同作は、中国史を学ぶ入り口としても楽しむことができそうです。

【関連リンク】
無料公開サイト:http://kingdom10.jp/



『小野寺の弟・小野寺の姉 (リンダブックス)』
 著者:西田征史
 出版社:泰文堂
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
ジブリがauのスマホ向けに「ジブリ名場面劇場」の配信をスタート
小川糸さん新刊の『リボン』は「仕事観にも影響をあたえた作品」
東野圭吾「こんなに時間をかけた作品はない」 幻の一作がついに発売


■配信元
WEB本の雑誌