芸術家・村上隆が描く未来

現在公開中の映画『めめめのくらげ』が注目を集めている。その理由は、愛らしいキャラクターが登場するだから、というだけではない。この作品のメガホンを取ったのが、世界的に知られる現代美術家・村上隆氏であるから。果たして、彼のメッセージしようとしている事とは?

 ルイ・ヴィトンや六本木ヒルズ、ミュージシャンの「ゆず」とのコラボレーションなどで知られる、ポップなスマイルのお花のキャラクター。誰もが一度は目にしたことがあるだろう。アニメのような作風で世界的に名を馳せる現代美術家、村上隆氏が新たにチャレンジしたのが、CGを駆使した映画『めめめのくらげ』だ。

 1962年・東京生まれ。高校卒業後、アニメーターを志すが挫折。東京藝術大学に進んで日本画を学ぶが、1991年に個展「TAKASHI, TAMIYA」を開催して現代美術家としてデビュー。1993年に同学大学院美術研究科博士後期課程を修了後、1998年にはカリフォルニア大学ロサンゼルス校美術建築学部の客員教授を務めている。

 村上隆の名が広く知られる事となったのは、2000年に渋谷パルコで開催された「SUPER FLAT展」。翌2001年には米・ロサンゼルス現代美術館で開催され話題となった。このSUPER FLAT(スーパーフラット)とは、日本の伝統的な絵画から現代のマンガ、アニメにおける、遠近法を使わない平面的で立体感のない二次元的表現や、ポップカルチャーやキャラクターなどの消費文化を含めた日本社会の状況を “フラットだ” という考え方。SUPER FLATのアートムーブメントは、欧米で大変な人気を得るとともに、国内ではオタクやサブカルチャーの論客たちから口撃の的になったりと、賛否さまざまな反響を呼び起こした。

 とにかく話題に事欠かないアーティストだ。2003年には等身大美少女フィギュア「Miss Ko²」がサザビーズにて50万ドル(約5,800万円)で落札。2010年には仏・ベルサイユ宮殿での作品展「Murakami Versailles」に対し、宮殿にそぐわないとするフランス国内団体が抗議デモを起こしたこともあった。

 そうしたなかでも作品そのものは広く受け入れられており、2003年にはルイ・ヴィトンと春夏コレクション「モノグラム・マルチカラー」でコラボレーション。カラフルなモノグラムの世界観をビジュアル化したバッグや小物を製作。これに合わせて店頭プロモーション用の短編アニメ「SUPERFLAT MONOGRAM」(監督:細田守/製作:東映)が製作された。その後もルイ・ヴィトンとのコラボは続き、2009年には「SUPERFLAT FIRST LOVE」(監督:村上隆/製作:カイカイキキ)を製作。この短編アニメーションを手掛けた頃から映画製作に意欲を見せており、今回の「めめめのくらげ」はまさに10年越しに実現したものと言える。

  アーティスト・村上隆が届けたいメッセージとは >>>

 村上隆氏が「SUPER FLAT」で生み出してきたキャラクターは、影に毒を持つものの表面的には可愛らしく描かれている。今回の映画「めめめのくらげ」でも “くらげ坊” のように愛らしいキャラクターもいるが、全体的に見ればどことなくおどろおどろしい風貌だったり、奇妙な姿をしたものが多い。

 これらのキャラクターはまるで、村上氏が子ども時代に触れてきた「ウルトラマン」シリーズの怪獣や「ゲゲゲの鬼太郎」の妖怪のよう。かわいいだけではない異形の生物(キャラクター)たち。彼が震災後に描き、カタールで公開された「五百羅漢図」(2012年)に登場する異形の修行僧たちにも似た印象を受ける。

 10年以上実現しなかった映画の企画がここへきて急速に進んだ理由には、ストーリーにも描かれている「震災」が大きなきっかけとなったようだ。当初はまったく異なるストーリーが企画されていたが、震災が起きて日本社会のドグマがすべて表面化したという。『(震災により)差別やヒエラルキー、理念といったものの境界線がさらにハッキリした事を、いまの子どもたちと共有し、そうした境界を乗り越えなければならない、というメッセージが必要だと思った』と語る村上氏。劇中では、大人たちは何もできない存在として描かれ、自ら考えて行動する子どもたちが物語を紡いでいく。

 本作はすでにパート2も製作中であり、さらにテレビシリーズ化の希望、さらに10年以上作り続けたいとも語っている。彼が「めめめのくらげ」を通して、日本に、そして世界へ何をメッセージしていくのか。これから先も楽しみだ。

めめめのくらげ
2013年4月26日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他 公開中

【STORY】
津波で父(津田寛治)を亡くした少年・正志(末岡拓人)が母・靖子(鶴田真由)とともに叔父・直人(斎藤工)が暮らす街に引っ越してくる。その新しい家に、見慣れない段ボールを見つけた正志。その中から出てきたのは、くらげのような不思議な生き物。どこか愛らしいその生き物を「くらげ坊」と名付け、次第に仲良くなっていく。リュックにくらげ坊を連れて転校先の小学校に行くと、そこでは他の生徒たちも、大人には見えない不思議な静物= “ふれんど” を連れていた。いったい誰が何のために……そして、“ふれんど”とは何なのかー。困難な時代に生きる子どもたちが問題に立ち向かって行く姿を描くSFジュブナイル。

監督:村上隆
CAST:末岡拓人、浅見姫香、窪田正孝、染谷将太、黒沢あすか、津田寛治 鶴田真由、斎藤工
配給:GAGA
http://mememe.gaga.ne.jp/#/home

text::chibahidetoshi