残念! 米CBSがドラマ版『ビバリーヒルズ・コップ』を見送る

写真拡大

エディ・マーフィが80年代に主演した映画『ビバリーヒルズ・コップ』をドラマ化し、パイロットを製作する計画が進んでいた。しかし米Deadlineによると、放送局の米CBSがシリーズ化を見送ったという。

ドラマ版は、エディ・マーフィが映画で演じたアクセル・フォーリーの息子アーロン(ブランドン・T・ジャクソン)が主役となる。エディもゲスト出演し、製作総指揮者も担当している渾身の企画だった。また『ザ・シールド 〜ルール無用の警察バッジ〜』のクリエイターであるショーン・ライアンも製作者として名を連ね、『メン・イン・ブラック』のバリー・ソネンフェルドがパイロットの監督を務めるなど、期待は大きかったのだが...。

『ビバリーヒルズ・コップ』は今年製作されるパイロットの中で、最もシリーズ化される可能性が高いドラマの1つだった。しかしCBSに却下され、これから他のTV局に売り込みをすることになる。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
エディ・マーフィが『ビバリーヒルズ・コップ』をTVドラマ化へ
ドラマ版『ビバリーヒルズ・コップ』のパイロットがCBSで放送
エディ・マーフィ主演の映画『ビバリーヒルズ・コップ』がTVドラマ化!?