多才なマチュー・アマルリックPhoto by Pascal Le Segretain/Getty Images

写真拡大

俳優、監督として活躍するマチュー・アマルリックが、メグレ警部シリーズで知られる作家ジョルジュ・シムノンの「青の寝室」を映画化するとallocineが伝えた。アマルリックにとって長編監督第5作となる。

互いに家庭を持ちながら、不倫関係におちいった幼なじみの男女の周りで起こった殺人事件をめぐるサスペンス。デビッド・クローネンバーグ監督の「コズモポリス」などを手がけたポルトガル出身の名プロデューサー、パウロ・ブランコが製作を務める。

アマルリックの最近の出演作には、アルノー・デプレシャン監督の新作のほか、ロマン・ポランスキー監督によるマゾッホの小説「毛皮を着たヴィーナス(Venus in Fur)」を題材にした同名ブロードウェイ劇の映画化、ウェス・アンダーソン監督が初めてヨーロッパロケを行った最新作「ザ・グランド・ブダペスト・ホテル(The Grand Budapest Hotel)」にも参加する。

■関連記事
ポランスキー監督「毛皮を着たヴィーナス」映画化にマチュー・アマルリック
「マルジャンが僕を誘惑した」マチュー・アマルリック「チキンとプラム」出演経緯を告白
「さすらいの女神たち」M・アマルリックが日本女性にメッセージ
マチュー・アマルリック作品一覧
ジョルジュ・シムノン原作作品一覧