『攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain』 ©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会

写真拡大

6月22日から公開される『攻殻機動隊』シリーズ最新作『攻殻機動隊ARISE』の予告映像が公開された。

【もっと場面写真を見る】

今回公開された予告映像では、主人公・草薙素子の声を担当する坂本真綾をはじめ、これまでのシリーズから一新された声優陣のセリフが確認できるほか、新キャラクターの501機関の長クルツや、戦闘サイボーグ・ライゾーの姿も確認できる。さらに新たな場面写真もあわせて公開された。

また、salyu×salyuが歌うエンディングテーマ“じぶんがいない”の一部も解禁。同楽曲は、作編曲を劇中音楽も手掛ける小山田圭吾、作詞を坂本慎太郎が手掛けている。なお、salyu×salyuはエンディングテーマを担当したことについて、「以前から、映画、シリーズ共に攻殻機動隊の大ファンでした。まさかその作品に携われる日が来るとは。本当に夢のようです。攻殻機動隊のようなとても素晴らしい作品が日本で生まれている事が、本当に嬉しいです。今作品にsalyu × salyuの楽曲が流れると思うと。。。幸せですね」と喜びの心境を明かしている。

『攻殻機動隊ARISE』は、凶悪犯罪を阻止する事を目的とした特殊部隊「攻殻機動隊」の創設と、これまでのシリーズ作品で謎に包まれていた全身サイボーグのヒロイン・草薙素子の物語。第1弾作品となる『攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain』は、6月22日から東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、新宿バルト9ほか全国で公開されるほか、シナリオ付きBlu-rayが上映期間内に劇場限定で販売され、7月26日からは特典映像付きのBlu-rayとDVDが一般発売される。