女子中高生の約30%が体罰を見聞き。4%は実際に体罰の経験あり

写真拡大

ふみコミュニケーションズが運営する女子中高生のためのポータルサイト”フミコミュ!”では、女子中高生の学校での体罰を含む生徒指導に関する意識調査を実施した。調査は2月28日〜3月30日にかけて、同サイトのユーザー370名(中学生65.0%、高校生21.0%)を対象に行われた。

「今までに学校で体罰を経験したことがありますか?」と尋ねたところ、「自分自身も周りでも体罰に関わることは全くなかった」と66.2%が回答した。しかし、「クラス/部活の友人が体罰を受けたことがある」が18.4%、「学校の生徒が体罰を受けたと聞いたことがある」は11.1%。さらに、4.3%が「自分がされたことがある」と回答している。

次に、「友人・知人が体罰を受けたと聞き、どのように感じましたか?」と聞いたところ、48.6%が「体罰を行った教師を怖く感じるようになった」、28.4%が「体罰を行った教師を憎むようになった」と回答した。

「教師が生徒指導のために体罰を行うことをどう思いますか?」と尋ねると、69.2%が「体罰は暴力的なのでなくしてほしい」と回答した。しかし、28.6%は「指導が難しい生徒には体罰は必要だと思う」と回答している。

続いて、「もし、あなたの学校で必要以上に体罰を受けている生徒がいたらあなたはどうしますか?」と質問した。1位の回答は「信頼できる教師に相談する」(35.9%)、2位は「自分の保護者に相談する」(22.7%)、3位は「その生徒に声をかけ支えてあげる」(16.5%)となっている。

最後に自由回答として、なぜ体罰が起こるのか尋ねた。「教師のストレスが原因だと思う」「教師が感情的になってしまうから」「生徒に八つ当たりしている」と教師への指摘がある中、「愛情もあると思う」「規則を守らない生徒が多くなり先生も苦しいのだと思う」といった声も寄せられた。