バーン・ノーティス

『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』がシーズン7をもって完結することが決定した。ファイナル・シーズンは13話構成となり、今夏アメリカで放送される。

2007年に放送が始まった本作は、ジェフリー・ドノヴァン演じる元スパイのマイケルが、自分を不当に解雇した組織に立ち向かい、相棒フィオナ(ガブリエル・アンウォー)とサム(ブルース・キャンベル)と共に、無謀な戦いを繰り広げるスパイ・アクション。本編以外にも、サムを主人公にしたスピンオフ『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲: サム・アックス 最後のミッション』が製作され、ケーブル局USA Networkを代表する人気番組となった。

昨年、サム役のブルースが終了をほのめかす発言をして以来、シーズン7で幕を閉じるのでは...とささやかれてきたが、ついに正式に終了が決定。終了発表に際して、同社の共同社長ジェフ・ワクテル氏は、「初回から『バーン・ノーティス』は、そのキャラクター、ストーリーや設定により、多くの視聴者を魅了し続けてきました。ファイナル・シーズンは、見応えのある最終回に向けて、さらにレベルの高いものとなります」とコメントしている。

毎回、手強い敵を相手に、大胆な手段でひょうひょうと窮地を切り抜けてきたマイケル。最終回で彼にどんな結末が訪れるのか、非常に気になるところだ。なお、シーズン7には、記念すべき100話目となるエピソードも含まれる。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『バーン・ノーティス』主人公マイケル演じるジェフリー・ドノヴァンが婚約!
『バーン・ノーティス』シーズン4、DVDリリースは明日から!
『バーン・ノーティス』ブルース・キャンベルが前章ドラマについて語る