●少女が見た世界-トロスト区攻防戦?-

(画像:「進撃の巨人」公式Webサイトより)
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会


●キャスト
エレン・イェーガー:梶裕貴
ミカサ・アッカーマン:石川由依
アルミン・アルレルト:井上麻里奈
ライナー・ブラウン:細谷佳正
ベルトルト・フーバー:橋詰知久
アニ・レオンハート:嶋村侑
ジャン・キルシュタイン:谷山紀章
マルコ・ボット:逢坂良太
コニー・スプリンガー:下野紘
サシャ・ブラウス:小林ゆう
クリスタ・レンズ / ヒストリア・レイス:三上枝織
ユミル:藤田咲
トーマス・ワグナー:須嵜成幸
ミーナ・カロライナ:安済知佳
サムエル:高橋研二
フランツ:大隈健太
ハンナ:佐藤恵
ダズ:田久保修平
ハンネス:藤原啓治
フーゴ:陶山章央
ドット・ピクシス:田中正彦
イアン:村上裕哉
キッツ・ヴェールマン:志村知幸
グスタフ:四宮豪
アンカ:葉山いくみ
エルヴィン・スミス:小野大輔
ハンジ・ゾエ:朴璐美
リヴァイ:神谷浩史
キース・シャーディス:最上嗣生
グリシャ・イェーガー:土田大
カルラ・イェーガー:鷹森淑乃
ニック司祭:麻生智久
バルト候:高口公介

●ストーリー
突如現れた多数の巨大生物「巨人」の侵攻により、人類は存亡の危機に瀕するも、生き残った人間達は、三重に築かれた巨大な城壁内側に生活圏を確保することで、一時的な安全を得るに至っていました。
城壁による平和を得てから約100年後。城郭都市の外縁地区「ウォール・マリア」南端より突出したシガンシナ区にて、父・グリシャと母・カルラ、幼馴染のミカサと暮らす少年エレンは、親友アルミンと共に、幼い頃から「壁の外に出て世界を探検すること」を夢見ていたのですが…。
エレンが10歳を迎えた年、突如として現れた「超大型巨人」を尖兵としてシガンシナ区及びその一段奥のウォール・マリアまで侵入、しかもエレンの母は彼の目の前で巨人により殺害されてしまいます。
巨人への復讐を誓ったエレン、そしてミカサとアルミンは第104期訓練兵団に入団したのですが…(第2話までのあらすじ)
●アルミンのみ生き残った!
コニー「アルミン、どうした?しっかりしろっ!アルミン!」

アルミンを助ける為に目の前で巨人に捕食されたエレン。そのショックのため意識が朦朧としている状態でコニーにより意識を取り戻すも、

アルミン「うわぁっ!この役立たず、死んでしまえ!」

未だ錯乱状態かた回復せず。

ユミル「もう良いだろ、コニー。全滅したんだよ。そいつ以外は。」

ユミルはこの状況をみてアルミンの班は彼以外全滅したと察したものの、その彼女の口振りはコニーにとって許し難いものだったようです。とは言え、これ以上アルミンに構っていられないのも事実、ユミル達の班はその場を離れ前衛に進む事になります。

漸く冷静さを取り戻したアルミンは、既に下半身を巨人に食われ絶命しているフランツを蘇生させようとしているハンナを見て、

ハンナ「アルミン、何度も蘇生術をしているのにフランツは息をしてないの!」

仲間の死という現実を受け入れられないハンナは少し前の自分と同じ、しかしながらその現実を受け入れなければ今度は自分が死ぬのです。
●ミカサの強さと正義
トロスト区からウォール・ローゼへ繋がる門、そこから脱出しようとする避難民が集結しているのに避難が進みません。それはトロスト区の商人が門を通り抜け出来ないほどの荷物を荷車に載せているためです。しかも、その商人はこの非常事態に対して自分の財産で兵士達の援助をしてきた事を盾にとって民衆や兵士達が死ぬ事を何とも思わない発言をします。しかし、

「巨人だ!」

遠くからやって来た巨人は何故かまわりの人間を狙わずに門まで全力疾走してくる「奇行種」。もはやこれまでと思いきや、

ミカサ、一撃へ巨人を仕留める!

辛うじて巨人を倒したミカサですが、門を荷物で詰まらせている商人と、避難出来ない多数の民衆を見て茫然。

ミカサ「今、仲間が死んでいる。住民の避難が完了しないから巨人と戦って仲間が死んでいる。」
商人「当然だ。住民の命や財産を守るために心臓を捧げるのがお前等の務めだろうが!只飯喰らいが100年振りに役に立ったからって良い気になるんじゃねえ!」

これを聞いたミカサは、

ミカサ「人が人のために死ぬのが当然だと考えているならば、きっと理解して貰えるだろう。ときに一人の尊い命が多くの命を救う事もある事を。」

ミカサは迷わず商人を殺害しようとします。これには商人も改心し荷台を戻して、住民の避難をさせる事に協力します。

少女「お姉ちゃん、助けてくれてありがとう!」

もちろん、ミカサも実戦は今回が初めて。それにしても冷静な対応、そして覚悟を決めた強さは一体…。
●ミカサ、幼き時
6年前、ミカサは彼女の両親と貧しいながらも幸せな日々を過ごしていました。あの日までは…。

※ちなみにミカサの母は僅かに残る東洋人の血筋で、ミカサはその母の血を強く受け継いでいるようです。

エレンと彼の父は、ミカサの父とは旧知の仲。そこでその日はミカサ家にやってくる事になっていましたが…。

グリシャ・イェーガー「はっ!」

そこにいたのは無残な姿で息絶えていたミカサの両親。但し、ミカサはいません。それが何を意味するのか、エレンは即座に察します。
●ミカサの覚悟
人買いA「おい、本当に売れるんだろうな?」
人買いB「そいつの顔を見てみろ。東洋人だ。」


ミカサは人買いに誘拐されたようです。もっとも人買いが狙っていたのは純粋な東洋人であるミカサの母のようでしたが。

ミカサ「寒い…。」

外は土砂降りの雨、今のミカサの心そのもののようです。

エレン「ごめん下さい。」

ミカサが監禁されている小屋にやって来たのはエレン。もちろんこの時点ではエレンはミカサが監禁されている事を知らなかったのですが、室内にミカサがいる事を知るや否や、

エレン「おじさん。もう分かったから、死んじゃえよ、糞野郎!」

彼はナイフで人買い達を殺害します。そしてミカサを救出しようとしますが、

ミカサ「確か3人いたはず。」


不意を突かれ、外から戻って来た人買いCにより絞殺されそうになるエレンは、

エレン「ミカサ、戦え!戦わなければ死ぬ。生きる為に戦え!」

そしてナイフを手にしたミカサは…。
●マフラー
天涯孤独の身となったミカサはエレンの家に引き取られ、そのときにエレンから貰ったのがマフラー。

それ以来、常にマフラーを見に付けているミカサ。それはエレンとの絆であり、彼女の覚悟の象徴でもあり…。

「進撃の巨人」、次回もお楽しみっ。


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「進撃の巨人」第5話「エレン、巨人に捕食される!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第4話「エレン、調査兵団に入る!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第3話「立体機動装置」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「進撃の巨人」TVアニメ公式Webサイト