【お金】″株″を始めたい初心者への「大失敗にならない3つのアドバイス」

写真拡大

お金の「そうなんだ!」「本当?」といったいろんな知識をファイナンシャル・プランナーのヤマサキさんが紹介します。今回は「今から株をやってみるときの注意点」について。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

これだけ株価が上がったというニュースを聞くと、運用にチャレンジしてみたい人が多いのですが、初心者が今チャレンジすることにはいい面と危ない面があります。大失敗にならない簡単な3つのアドバイスをしたいと思います。

■株価が上がったから株をしてみたい?実はとても危ない!

日経平均株価は昨年7月の8328円を底に大きく上昇、5月8日には14421円をつけるに至っています。ほぼ一方的な上昇が続き、株式投資に興味を持つ人も増えているようです。証券会社のコールセンターには、すでに開設したままほったらかしであった口座のパスワード照会や新規開設の問い合わせが鳴りやまないといわれています。

もし、「初めてだけど、自分もやってみようかな」と思った人がいたら、ファイナンシャルプランナーとしては「ぜひチャレンジしてみて!」という応援したい気持ちと「あえて今やらなくても……」となだめたい気持ちが半分半分です。

まず、投資についてはできるだけ早く経験を積んだほうがよく、ぜひチャレンジしてみてほしいと思います。株式や投資信託などの運用については、自分が興味を持たないと一歩目を踏み出すことがないので(強制されることはほとんどない)、株価が好調な時期に興味がわいたのであればぜひ実行してほしいと思います。

しかし、これだけ一気に株価が上がった時点で今からスタートすると、今以上に株価が上がらないと儲からないということになります。それこそ日経平均2万円が近いうちにやってくる!というようなイメージがあるならいいでしょうが、短期的には数千円下がるような場面も考えられます(調整といわれ、通常の相場であれば数千円あがれば半分ぐらい下がってまた上がるような上下を繰り返す)。株価が上がりきった時点というのは、初心者は楽に儲けられるように見えますが、実は注意が必要な時期でもあるわけです。

そこで、初めて投資をする人のための3つのアドバイスをお届けしたいと思います。このアドバイスさえ守れば「致命的大損」を避けることができるはずです。ぜひ、資産運用のチャレンジを大きな損をせずに実行してみてください。

photo credit: sputnik- via photopincc

■助言1)素人なのだから負ける可能性が高いことも考えておこう!

誰でも「大もうけしたい!」と考えますが、そもそも初心者がそんなに簡単に儲けられると考えないほうがいいでしょう。最初に水を差すようですが、自分は初心者なんだということを自覚することが大切です。

サッカーや野球ならレベル別にたくさんのリーグがあるので、近いレベルの人と試合ができます。ゴルフにはハンディキャップがあるのでレベル差を埋めるルールがあります。オンラインゲームなどでは初心者向けロビーがあって、いきなりベテランプレイヤーと対戦せずにすみます。

株や投資信託において、初心者向けの特別ルールはありません。いきなり運用会社のプロのファンドマネージャーらと同じ土俵で勝負をするわけです。ビギナーズラックもほとんどありません。無理をしたら負ける可能性が高いと考えて、真剣に、慎重にチャレンジしてください。

■助言2)投資金額を少なく設定して、最悪の状況を回避しよう!

次にアドバイスしたいのは、「金額を少なくスタート」です。どんなに失敗しても、投資金額以上の損をしないのが基本的な投資の仕組みです(投資金額以上の損失を被る可能性のある投資は、どんなに魅力的でもやってはいけません!)。逆にいえば、投資金額を自分で決めておけば、「これ以上損はしない」というラインを引けることになります。

初心者が何百万円もいきなり入金する必要はありません。せいぜい数十万円でいいでしょう。個人的には「まずは10万円でスタート」というのがオススメです。数万円で買える株もたくさんありますし、投資信託はたいてい1万円前後が一口になっています。

また、FX(為替証拠金取引)は値動きが荒く、文字通りゼロになる可能性を意識して金額決定すべきですが、普通の株式ならゼロになる運用をするほうが実は困難です。それでも20〜30%の負けはあり得ると考えて金額を決めてみてください。

「少額では大きく儲けられない!」と文句をいう人がいますが、もし、あなたがうまく稼げる人であれば、その後に入金額を増やしていけばいいので、最初に金額を少なめにして遅いことはありません。まずは最初に考えているより控えめな金額から投資デビューしてみましょう。

■助言3)相場と長くつきあってみるつもりでチャレンジ!

資産運用を行う人の多くが、あまりにも短い期間で儲けようとしすぎています。もっと長いスパンで投資を考えてみてはどうでしょうか。短く儲けようとすると、何度も売買しなければいけないので、値上がり率に比べて高い売買手数料を多く払うことになります。また、せっかく儲けた利益の一部を売却するたび税金で引かれます。

数秒あるいは1秒未満のわずかな時間で利益を取るような人もいますが、これはすでに人の手でカチカチやるレベルから、コンピューターに自動売買させるレベルに移っており、素人が参入しても負ける可能性が高いと思います。

初心者は、「投資を覚えて、少々の値動きにも動じずリスク資産を持ち続けられるようになるまで、売らないぞ」ぐらいの気持ちが必要です。たぶん、それでも何度も売り買いしてしまうはずです。

私は5年以上、10年近く仕込んでいる株や投資信託がありますが、何度もマイナスになったりプラスになったりしながら、今は安定的にプラスの状態になっています。そこから配当金が出てくると、定期預金の利息では比較にならない金額がもらえたりもします。

スローな時間感覚で投資とつきあってみることも考えてみてください。そのほうが初体験、即失敗して退場、とならなくてすみます。


3つのアドバイス、残念ながらやる気満々の人ほど無視されます。
しかし、投資を失敗した人が読むとたいていの人は同意してくれます。

これから株や投資信託、FXなどでリスク運用にチャレンジする人は、実際の売買をスタートする前に「3つのアドバイス」を読み直して欲しいと思います。きっと、あなたの「大損」を回避する手助けとなってくれるはずです。

もちろん、運用が大成功になることを、期待してます! 勇気が報われますように!

photo credit: Dick Thomas Johnson via photopincc

こちらのレポートもどうぞ!
【お金】今年こそ投資デビュー! 1万円で日本の1600社の株を買う方法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11753 ]
まさかコンビニATMで手数料とられてない? 知らなきゃ損する、手数料ゼロ円生活 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10646 ]
「いつまでも返済が終わらない!」惨事になる前に。FPが教えるクレジットカード・リボ払いの落とし穴 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10394 ]
【お金】会社の誰も教えてくれない"自動的にお金が貯まる"仕組み [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13837 ]
お金を上手に増やすなら!いまや社会人の必須アイテム「証券口座」を解説 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10076 ]