インドで年30万人の新生児が死亡

ざっくり言うと

  • インドでは毎年30万人を超える新生児が生まれ、24時間内に死亡している
  • 新生児の死亡の三大原因は、分娩中の合併症や早産、感染症
  • 低コストでも予防措置さえとれば、死亡率は少なくとも75%下げることができるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング