ANA客室乗務員(CA)として12年。500万人のお客様の対応で気づいた、行動・言葉・気づかい・テーブルマナー・習慣とは?テレビ、新聞でも紹介された「100%好かれる1%の習慣」。第10回目は【リストラをも免れた「たった1秒、毎日の習慣」とは?】です。

突然「リストラ」を言い渡されるも、
話したこともない「部長」に救われる

「たった1秒、毎日の習慣で、人生が変わる」

 友人のIさんには、そのことを強く実感した出来事があります。
 なぜなら、彼は、「毎日、良い挨拶をしていただけ」で、会社のリストラを免れたのです。

 Iさんの勤める会社で、大幅な組織改編が行われました。Iさんが所属する部署は、「部署自体が解散」の憂き目に。部員全員が人員整理の対象になりました。

 ですが、Iさんには救いの手が差し伸べられます。他部門の部長(S部長)から打診がありました。

「退職するとキミも困るだろうから、うちの部署に来ないか」と。

 Iさんにとっては、願ってもない申し出です。Iさんは快諾します。けれど、Iさんには、ひとつの疑問がありました。

「S部長とは、これまで一緒に仕事をしたことも、話したこともない。たまにエレベーターで一緒になるくらいなのに、どうして自分を救ってくれたのだろう?」

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)