<ザ・プレーヤーズ選手権 最終日◇12日◇TPCソーグラス(7,215パー72)>
 米国男子ツアー「ザ・プレーヤーズ選手権」の最終日。世界ランキング1位のタイガー・ウッズ(米国)が最終ラウンドでトータル13アンダーまでスコアを伸ばし、今季4勝目を挙げた。ウッズはこれでツアー通算78勝目。サム・スニードの持つ歴代通算優勝記録82勝にまた一歩迫った。
タイガー・ウッズのスイングをスーパースローで分析!
 この日ウッズは、3日目に日没サスペンデッドとなった第3ラウンド続きの4ホールを消化。セルヒオ・ガルシア(スペイン)、デビッド・リングマース(米国)と並んでトータル11アンダー首位タイで最終ラウンドを迎えた。
 最終組の1つ前でプレーしたウッズは、前半で2つスコアを伸ばすと、後半12番もバーディとしてトータル14アンダーまでスコアを伸ばし単独首位で終盤戦へ。14番ではティショットを池に落としダブルボギーを叩いてガルシアらに並ばれたものの、16番をバーディとして再び単独首位に立ってみせる。
 最後まで食い下がった最終組のガルシアも16番をバーディとしてウッズに並んだが、浮島グリーンの17番パー3で2度の池ポチャを喫し優勝争いから脱落。クラブハウスリーダーとして後続を待ったウッズがそのまま逃げ切り、2001年大会以来2度目のプレーヤーズ選手権制覇を達成した。
 今季は米ツアー7戦して4勝と、これまで以上のハイペースで勝ち星を重ねているウッズ。世界ランキング1位の座もガッチリキープして、完全復活へ残すは08年以来遠ざかるメジャー制覇のみとなった。
【最終結果】
優勝:タイガー・ウッズ(-13)
2位T:デビッド・リングマース(-11)
2位T:ケビン・ストリールマン(-11)
2位T:ジェフ・マガート(-11)
5位T:マーティン・レアード(-10)
5位T:ヘンリック・ステンソン(-10)
5位T:ライアン・パーマー(-10)
8位T:セルヒオ・ガルシア(-7)
8位T:ローリー・マキロイ(-7)他5名
<ゴルフ情報ALBA.Net>