親交のある豪華な3人が結集

写真拡大

木下惠介監督生誕100年を記念して製作された「はじまりのみち」の原恵一監督と、旧知の中である細田守監督と樋口真嗣監督が5月12日、かつて松竹の撮影所があり木下監督とも縁の深い東京・蒲田の東京工科大学で公開講座に出席した。

木下監督が新聞のコラムに執筆した、戦争末期に母をリヤカーに乗せて疎開させた際のエピソードを映画化。木下監督の信奉者を公言する原監督が、初めての実写作品に挑んだ。3人は仲が良く、今作撮影中には細田監督と樋口監督が長野県の現場を表敬訪問したという。

細田監督は「原ファンとして、実写ということでアニメと違う雰囲気になるのでは? と不安はあったけれど、ふだんと寸分たがわぬ素晴らしさがあり静かな力に打たれた」と称賛。樋口監督も「現場に行って、スタッフが監督を愛し、原さんが作ろうとしているものを支えているのを見て安心した」と述懐。またワンシーンの出演で、望遠レンズのみで撮影された宮崎あおいを絶賛。「横顔がよかった。離れたところからの画なのに雄弁。『二十四の瞳』『陸軍』と重なった」と語り、「望遠だけで撮りながら(不安で)ドキドキしていた」という原監督を喜ばせた。

今回のオファーを、原監督は「『いつかは(実写作品を)』と思っていたわけではなかった」と語るが、敬愛する木下監督に関連する企画とあって「断れなかった。自信はなかったけどやるしかないと思った」と振り返る。絵コンテを描くアニメと異なり、実写では現場でカット割りを決定するが「役者さんに一度動いてもらってからカット割りを決めるのも初めてで、衝撃でした。自分がどういう判断をくだすべきかなど最後まで分からなかったし、いまも調子に乗って『また実写作品を』という気持ちではないです」と明かした。

本作でも木下監督のスピリッツを何より意識したそうで、「迷ったときは過激な方を選択した」と胸を張る。青年と母の物語であると同時に、一人の映画人の挫折と再生がテーマ。この点について、原監督だけでなく細田、樋口両監督も強く共感する部分があった様子。細田監督は30代の頃、ある作品で挫折し、母親が体調を崩したことも重なり実家に帰ろうか悩んだという経験談を語り、「当時の自分を見ているように感じた」としみじみと語っていた。

「はじまりのみち」は6月1日から全国で公開。

■関連記事
【予告編】「はじまりのみち」
韓国の鬼才ホン・サンス、加瀬亮と意気投合「ぜひ一緒に仕事がしたい」
加瀬亮、「俺俺」で“九一”分けヘアーを披露
細田守監督「子育ては“親育て”」 次回作も「世界の広さを共有できるような作品」
銀座シネパトス最終作品「インターミッション」公開 当日券求め行列100人