ブレア・アンダーウッド

写真拡大

1967年〜1975年に米NBCで放送された『鬼警部アイアンサイド』。そのリメイク『Ironside』のシリーズ化に同局がゴーサインを与えた。

オリジナル作の『鬼警部アイアンサイド』はサンフランシスコ市警の警部アイアンサイドが主人公。車イスに乗るアイアンサイドが事件を捜査するという設定で、シーズン8まで製作された。当時アイアンサイドを演じたレイモンド・バーは、エミー賞に6度ノミネート、またゴールデングローブ賞にも2度ノミネートされている。

そして、今回のリメイクでアイアンサイドを演じるのは、『L.A.ロー 七人の弁護士』『THE EVENT/イベント』のブレア・アンダーウッド。タフでセクシー、だが辛辣な性格のアイアンサイドは、銃弾を受けたことにより車イスでの生活を余儀なくされているが、そのハンディキャップをものともせず、えり抜きのチームとともに困難な事件に取り組む。

リメイクのパイロットでは『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』のデヴィッド・セメルが監督を務め、また『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』のマイケル・カレオが脚本を執筆していた。現代によみがえるアイアンサイドの活躍を楽しみにしたい。

なお、今回のリメイクは、NBCが行った新作ラインナップ発表の翌日に明らかになったもの。『Ironside』とともに、シカゴ消防署の消防士や救急隊員を題材にした『Chicago Fire』のスピンオフ『Chicago PD』や、『クーガータウン』のクリエイターが新しく立ち上げたコメディ『Undateable』も、シリーズ化することが決まっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ブレア・アンダーウッド
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net



■関連記事
往年の人気ドラマ『鬼警部アイアンサイド』がリメイクに