輸入カーネーションなしに母の日は乗り切れない

写真拡大

 母の日の贈り物といえばカーネーションがつきものだが、日本で流通しているカーネーションの約半分が外国産であることは、案外知らない人が多いのではないか。

 農林水産省によると、平成23年に日本国内で販売されたカーネーションは全部で6億2273万4000本。そのうち国内産は3億3120万本で、輸入が2億9153万2000本。実に全体の46.8%が外国産なのだ。

 輸入元の国をみると、もっとも多いのが南米のコロンビアで1億9477万4000本(輸入全体の66.8%)、次いで多いのが中国からで7650万7000本(同26.2%)、続けてベトナム(924万9000本)、エクアドル(768万3000本)、トルコ(145万2000本)と、予想外に日本から遠い国が続く。地球のほぼ裏側にあるような南米からやってくる花たちは、せっかく買っても早く枯れたりしないのだろうか。

「花の基礎体力が違いますから、国産よりも長持ちする花も少なくないんですよ」

 今週だけで約50万本のカーネーションを扱った株式会社大田花き営業部の上田潤さんはそう言う。

「苗の段階で日をよく浴びた花は、基本的に丈夫です。ひまわりで有名な山梨県北杜市明野町は日照時間が日本一ですが、そこでもっとも日の光が強い時期とコロンビアやマレーシアの普段の明るさは同じくらいなんですよ。国産が丈夫さで対抗しようとしても、オリンピック選手の隣で普通のおじさんが走るようなもんです。輸入だから日持ちしないということはないですね」

 もともと、日本のカーネーション需要はひとつの枝にたくさんの花がついているスプレーと呼ばれるタイプが主流だった。また、色も赤と白、ピンクの三色しか求められなかった。そのため国内の農家も、求められる三色のカーネーションばかりを栽培していた。

 ところが、15年ほど前に海外から多様なカラーバリエーションを持つカーネーションの売り込みがあり、国内では花のタイプもスタンダードと呼ばれる一輪ものがおしゃれだと注目された。時を同じくして、コロンビアが“花とコーヒーの国”をうたい文句に、それまでの内戦と組織犯罪の物騒なイメージからの脱却を図り始め、遠く日本へも花を売り込みにやってきた。

「最近では彩り豊かなカーネーションのアレンジや、お母さんが好きなお花をといったように、必ずしも赤いカーネーションを贈るわけではなくなりましたが、それでもやはり母の日といえば赤いカーネーションを求める人が多い。でも、農作物は工業製品と違って生産量の調整が難しい。需要に足りないぶんの赤いカーネーションを、コロンビアに助けてもらってきました」

 だが、5年ほど前からコロンビアの赤いカーネーションの苗が劣化したため、関係者は新たに輸入できる生産国を探すことになった。そのタイミングで、ちょうど中国で生産される花の品質が向上して日本の消費者も満足するレベルに達したため、近年増加中なのだという。産地である雲南省の昆明は日照時間も長く、丈夫で高品質なカーネーションが生産されている。

 輸入と国産の違いによる日持ちの差が心配ないことはよく理解できたが、やっぱり、予想外に早く枯れてしまうような残念な思いはしたくない。食品に賞味期限があるように、花にも日持ちの表示はされないのか。

 農林水産省は花にも産地表示や日持ち保証した販売を推奨しているというが、実際にはなかなか見かけない。店や生産者によっては日持ち保証表示を始めているところもあるので、安心してきれいな花を楽しみたい場合は、そういったものを探すしかない。

 来年は母の日が公式に制定されて100年を迎える。長らく親しまれているカーネーションを贈る風習だが、その需要は長年、大きな変動無く推移していたという。ところが、東日本大震災の後は、目に見えて増えているのだそうだ。

「いつ何があるかわからないという思いをした人が多かったからなのか、それまで、何もしなかった人でもカーネーションを贈るようになったのではないでしょうか。母親という存在の大きさはすごいですね。母の日の一か月後に父の日がありますが、そちらのギフト需要は変わらないんだ、これが(苦笑)」(上田さん)

 やっぱり“母は強し”か。