巨大DJターンテーブルを使用 奇妙な「ランニングイベント」

スポーツブランドのナイキジャパンが11日、東京・六本木ヒルズアリーナにて、世界最大級となる横幅14メートルDJターンテーブルを設置。その上でパフォーマンスを繰り広げる珍しいイベント「NIKE GUNYARI BATTLE(ナイキ グニャリ バトル)」を開催した。

同社は、『ぐにゃりと変える』と題した、新作シューズ「ナイキ フリー」のコレクションのキャンペーンの一環として、今回のイベントを実施。人間が実際にランニング走行できる規模まで巨大化させた2つのターンテーブルを出現させていた。





イベントMCを務めた一人・ハリー杉山は「ランニングイベントの枠を超えました。皆さんの常識を変えさせてください」と来場者に向けて、メッセージ。その珍しいアトラクションを使った、プログラムを届けた。

ターンテーブル上には、一度に十数人にパフォーマーが機敏が動きを見せたり、画像上に現れた指示どおり、スクラッチを刻む場面もあった。

そのパフォーマーに交じって、6人のゲストアスリートも登場。先週6日、7度目の防衛に成功したWBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志(33)のほか、同じボクシング選手の伊藤沙月(21)選手、総合格闘技の宇野薫(37)選手、陸上の為末大(35)選手、トランポリンの伊藤正樹(24)選手、スノーボードクロスの藤森由香(26)選手らが、顔を揃えた。





今回おこなわれたイベントは1日限り。入場無料の条件で開催された。