大友克洋、日本テーマに『SHORT PEACE』の刺激的な世界観を発表

写真拡大

[シネママニエラ] 『AKIRA』など革新的なマンガ・アニメ作品で全世界を震撼させてきたクリエイター大友克洋が、待望の新作映画を発表! 革新の遺伝子を受け継ぐ気鋭の名匠たちが集結し、刺激的な世界観で観客を魅了する4編のアニメーション企画『SHORT PEACE』は誕生。そして、このたびその予告編がお披露目された。掲載画像:上段『武器よさらば』より、下段『火要鎮』より。

今のアニメーションに物足りなさを感じる全ての人に

共通テーマは日本。大友克洋監督の『火(ひの)要鎮(ようじん)』は精緻な筆致で江戸情緒を再現し、悲恋の情念が業火となって街をのみこむ大スペクタクル作品。すでに毎日映画コンクール大藤賞、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞など名だたる映画賞を複数受賞している。

『アニマトリックス』他のビジュアルクリエイター森本晃司監督はオープニングアニメーションを担当。『FREEDAM』などCG時代の最先端をいく若手・森田修平監督は『九十九(つくも)』でモノノケの怪異を和風テイストでユーモラスに提示する。『鉄コン筋クリート』の安藤裕章監督による『GAMBO』はクリエイティブディレクターに石井克人(『スマグラー おまえの未来を選べ』)、キャラクター原案に貞本義行(『新世紀エヴァンゲリオン』)を迎え、大熊と鬼との激闘を重量感たっぷりに描写する。『武器よさらば』は大友克洋の短編マンガをガンダムシリーズなどメカデザイナーとして著名なカトキハジメが初監督として映像化。自律戦車と強化装甲服部隊の激戦を、圧巻のディテールとスピード感で思う存分見せつける。

トップクリエーターが、それぞれ独自のセンスと先端技術を駆使し、日本の姿を圧巻のビジュアルに凝縮した超娯楽作ばかりだ。銀幕に繰り広げられる奇跡の饗宴を、今のアニメーションに物足りなさを感じる全ての人に味わってほしい。

映画『SHORT PEACE』予告編



――最新の「先取り話題作」はこちら

AKIRA 〈Blu-ray〉AKIRA 〈Blu-ray〉 [Blu-ray]
出演:岩田光央
出版:ジェネオン・ユニバーサル
(2011-06-22)