『攻殻機動隊ARISE』予告編公開、陸軍501機関の相関図や新カットも明らかに

写真拡大

6月22日より全国公開されるアニメーション作品『攻殻機動隊ARISE 第1章”border:1”』の本予告映像が公開された。

草薙素子が少佐と呼ばれる前夜の物語が描かれる本作は、6月22日より2週間限定で上映され、劇場ではblu-rayが先行発売されるほか、有料配信も同時スタート。キャストは一新され、主人公の草薙素子役は坂本真綾が演じる。総監督には『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』、『イノセンス』など多くの作品で、本シリーズの制作スタジオである「プロダクション I.G」を支え続けた黄瀬和哉。脚本と構成は冲方丁、音楽は海外でも評価が高い小山田圭吾による一人ユニット、コーネリアスが担当する。さらに『攻殻機動隊』の生みの親である原作者・士郎正宗も本プロジェクトに参加している。

前回解禁となった約30秒の特報映像では「脳」と「わずかな脊髄」だけが残された”全身サイボーグ”である陸軍機密部隊「501機関」所属・草薙素子の姿が明かされた。そして何よりも話題となったのは、今回の新たな『攻殻機動隊』始動プロジェクトが「対テロ犯罪機関 -公安9課-攻殻機動隊-」誕生前夜の物語であり、今まで描かれることのなかったエピソードゼロが描かれるという点だった。









今回公開された90秒の予告編では、草薙素子はもちろん、先日発表となった新キャラクター・501機関の長”クルツ”や、戦闘サイボーグ”ライゾー”らのセリフが入り、そして坂本慎太郎が作詞を、Corneliusが作曲と編曲を担当したsalyu×salyuが歌うエンディング・テーマ「じぶんがいない」の一部も聴くことができる。また、本作の公式サイトでは、草薙素子が所属する特殊機関・陸軍501機関の相関図も公開。謎に包まれた義体化部隊501機関に関する情報も明らかになっている。

なお、エンディング・テーマを担当したsalyu×salyuは、「以前から、映画、シリーズ共に攻殻機動隊の大ファンでした。まさかその作品に携われる日が来るとは。本当に夢のようです。攻殻機動隊のようなとても素晴らしい作品が日本で生まれている事が、本当に嬉しいです。今作品にsalyu×salyuの楽曲が流れると思うと。。。幸せですね」と喜びのコメントを寄せている。

(C)士郎正宗・Production I.G / 講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会