尾野真千子をいじりまくっていた大泉洋

写真拡大

大泉洋が探偵に扮するハードボイルドサスペンスの続編『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』の初日舞台挨拶が5月11日に丸の内TOEIで開催。大泉洋、松田龍平、尾野真千子、渡部篤郎、ゴリ、橋本一監督が登壇した。大泉は登場するなり「日本でも5本の指に入るほどの雨男でございます」と、天候をネタにし、会場の笑いを誘った。

【写真を見る】尾野真千子はドレッシーなワンピースで登壇

北海道在住の作家・東直己の人気探偵小説を、同じく北海道出身の大泉洋主演で映画化した本シリーズ。今回のヒロインは尾野真千子だ。前回のヒロイン小雪が舞台挨拶時に妊娠していたということで、大泉が「尾野さんはどうなんですか?」と突っ込むと、尾野は「まだ、いないです」と失笑しながら即答すると、会場は大爆笑。してやったりの大泉は「これで、スポーツ新聞もらったよ。『尾野さんはまだいない』」と言い、また爆笑の渦となった。

さらに大泉の爆走は止まらず、マイペースの松田もいじり倒す。大泉が「僕に父親(松田優作)の面影を重ねているんじゃない?」と言うと、松田も失笑。ゴリがすかさず「完全に天国で『なんじゃこりゃ!』ですよ」と合いの手を入れると会場から拍手が。松田は「いや、重ねてないです」と言うと、大泉は「いつか重ねてやる!」と闘志を燃やした。

体毛を剃って役柄に臨んだゴリは「脱毛クリームを塗ったけど、1本も溶けなかった」と苦笑いすると、大泉が「どんだけ剛毛なんだよ」と突っ込む。さらに大泉は、毎度クールな渡部にも果敢に突っ込んでいき、なんと彼のモノマネも披露。「渡部さん、今日、パチンとウィンク一発ですよ。ドキュンでした」と言うと、会場からドカンと笑いが起こった。

明日が母の日ということで、カーネーションを手に、観客と共にフォトセッションを行ったゲスト陣。大泉は、尾野が主演したNHKテレビ小説のネタを絡め「『カーネーション』といえば、尾野真千子。彼女に後頭部をなぐられた後遺症がいまだに。あ、嘘つきました!」と、最後まで笑いに徹して、本作をアピールした。【取材・文/山崎伸子】