立川ブラインド工業(株)は、スラットやラダーテープ、木部材を自由に組み合わせて楽しめるカスタマイズブラインド「フォレティア」(木製スラット)、及び「アフタービート」(アルミ製スラット)において、光漏れや遮蔽性能がさらに向上した新ラインナップ「フォレティアエグゼ」、及び「アフタービートエグゼ」を、6月3日(月)に新発売する。

2つの新たなエクゼタイプとは、スラットを支えるラダーコードに新構造のクロスラダーコードを採用し遮蔽時のスラットをより立たせる他、昇降コードを通す穴をなくしたスラットを採用、さらにツバ付きのヘッドボックス(機構部)を採用することで、ヘッドボックスとスラット間から室内への光漏れを低減するなど、高い遮蔽性を実現したもの。
また操作を行うループコードの操作プーリーを内蔵仕様にすることで、より狭い取り付けスペースへの設置が可能とした。この他、ヘッドボックスのデザイン性アップのオプションとして、ロールスクリーンやローマンシェードで展開している「ウォームシリーズ」(木目シート貼り仕様)に対応する。