「サンド」もある

写真拡大

日本ケンタッキー・フライド・チキンは2013年5月30日、辛口チキン「胡麻と山椒のぶっかけチキン」と、「胡麻と山椒のぶっかけチキンサンド」を全国のケンタッキーフライドチキン店舗で発売する。

ソースも「辛口」

「胡麻と山椒のぶっかけチキン」は、下味のベースに「にんにく」と「しょうゆ」を使い、チキン全体に赤唐辛子やサンショウなどの香辛料をぜいたくにまぶした辛口チキンだ。一口食べると、カリッとした食感とともにサンショウのさわやかな香りとピリッとした辛さが口いっぱいに広がり、鶏のうま味と一緒に、じわりとした赤唐辛子の辛さへとかわっていく。価格は、1ピース260円。

また「胡麻と山椒のぶっかけチキンサンド」は、「胡麻と山椒のぶっかけチキン」同様の方法で調理したチキンフィレ一枚肉を使用。ねぎ・にんにく・しょうがなどの野菜と、花山椒・一味唐辛子・黒こしょうなどの香辛料を加えてつくった香りのある辛口ソースと特製マヨソースをあわせ、新鮮なレタスと一緒に全粒粉バンズではさんだ、辛みを感じられるサンドに仕上げている。価格は、単品380円。