間違っていませんか? 弔電の送り方のマナー【社会人のマナー】

写真拡大

取引先関係者に急に不幸があったとき、葬儀や告別式に参列できないときもありますよね。そんなときは、弔電を利用して故人に対する哀悼の意を表します。あなたは、弔電の送り方のマナーをしっていますか?

Q.弔電の送り方の正しいマナーは?

A.弔電の差出人名は、故人との関係がわからないように出す

B.葬儀や告別式の翌日までに弔電を届ける

C.お通夜を斎場で行う場合は、届け先を斎場にする



(答えは矢印の下です!)





































解答

C.お通夜を斎場で行う場合は、届け先を斎場にする



解説

弔電を出すとき気をつけたのは、あて先と配達日です。宛先は喪主が原則ですが、社員名でもかまいません。また、電報は基本的に手渡し。ご遺族が自宅にいるとは限らないので配達先も気をつけましょう。なお、可能な限り開式の3時間前には届くように手配します。