男性がドン引きした結婚式 -「犬の着ぐるみ」「餅つき」「嫁をディスる姑」

写真拡大

新郎新婦のダンスが続いている。もう30分もダンスを踊り続けている……。みんなの顔もさすがに曇っているが、この状況は一体……。マイナビニュース会員のうち独身男性200名に、今まで列席した結婚式の中での、ドン引きした演出について教えてもらった。

Q.出席した結婚式の演出にドン引きしたことはありますか?



はい 16.5%

いいえ 83.5%





Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)どんな演出でしたか? ドン引きしたのはどうしてですか?



■盛り込み過ぎの演出

・「ゴンドラで降りてきた、芸能人かと」(35歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)

・「なれそめ映像がとにかく長くて疲れた」(29歳男性/電機/技術職)

・「犬の着ぐるみをして登場した」(29歳男性/自動車関連/技術職)

・「新郎新婦が空からふってきた、それも中途半端な高さ」(34歳男性/機械・精密機器/営業職)

・「まるで新郎新婦のショーだった、二人で踊ったり歌ったりしていた」(29歳男性/電機/技術職)





■余興の歌あれこれ

・「男がきゃりーぱみゅぱみゅのダンスをやっていて、うまくなかったから」(33歳男性/建設・土木/技術職)

・「労働組合っぽい人たちによるAKBのダンス」(29歳男性/運輸・倉庫/技術職)

・「親戚の結婚式で新郎の男友達数名が、友達代表で『てんとう虫のサンバ』を熱唱した……女性ならともかく、男性でこの選曲は……という感じでドン引きした」(41歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「男性側の友情出席の男性がギター演奏で盛り上げるつもりだったんだろうが……花婿より目立って何しに来たの雰囲気で式場が白けた」(32歳男性/自動車関連/営業職)





■下ネタ満載

・「新郎の友人がスピーチでパンツを脱いだ」(35歳男性/情報・IT/技術職)

・「新郎の友人数人が下着1枚で踊っていたこと、親族方の顔が引きつっていた」(29歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「余興で、男が裸で皆出てきた」(31歳男性/機械・精密機器/技術職)





■儀式色が強すぎて

・「いきなりもちつきが始まった」(30歳男性/金融・証券/専門職)

・「演出というより地域特性の儀式がすごかった……皆で高砂を歌い乾杯、そして相撲の優勝時に出てくるような大きな盃に酒を入れて出席者全員で回し飲み」(44歳男性/電力・ガス・石油/技術職)





■親族の振る舞いが???

・「演出ではないと思いますが、花婿の母が、最後のごあいさつで、嫁を『自分が望んだ結婚ではないと』DISり始めたのは、引きました」(52歳男性/電機/技術職)

・「新婦の父親の誕生日もやってしまった」(34歳男性/その他/その他)





■総評

せっかくの結婚式。新郎新婦の門出を祝して、2人の意志をできるだけ尊重してあげたいのはヤマヤマだ。しかし、犬の着ぐるみで登場されたり、空から降ってこられたりすると、周りはドン引きしてしまうというのが、正直なところのよう。また、新郎新婦が2人で歌やダンスを披露するのも、「ショーじゃないんだから」とリアクションに困るよう。晴れの舞台とはいえ、新郎新婦も列席者もTPOはわきまえたいものだ。

余興の歌関連も、さまざまな目撃情報が寄せられた。AKBやきゃりーぱみゅぱみゅなど、流行の歌やダンスを取り入れたものの、見事に撃沈、というものが多かった。”新郎新婦のご友人”たちもそんなにたっぷり練習時間が取れる訳もなく、当然と言えば当然なのだが……。その他、「ゴスペルの合唱」「タラコのCMの歌」「気持ち悪い女装で踊り」、果ては「酔った人たちがカラオケのマイクの奪い合い」など、主旨がブレブレになった状況も。結婚式はカラオケ大会でも隠し芸大会でもないので、ご注意を。

新郎新婦が望んだ演出ではないのかもしれないが、あまりに地方色が強すぎて驚いた、という声もあった。もちつき大会、高砂を歌い大盃で回しのみ、など、何も聞かされていない列席者にしてみれば、ポカンとなっても仕方ないだろう。伝統を重んじる素敵な式の気もするが……。

その他、新郎の母がいきなり嫁批判を始めた、新婦の父親の誕生日会もコミだった、など、親族が出しゃばってきて、端から見るとビックリのパターンもあった。まあ、ありきたりの結婚式では飽きるし、たまには、そんな式も体験してみたい?!

(文・アリウープ 中嶋絵里)

調査時期: 2013年4月25日〜2013年4月27日

調査対象: マイナビニュース会員

調査数: 男性200名

調査方法: インターネットログイン式アンケート