ビジネスに失敗して一文なしになったら田舎へ帰って農民をやればいい。頭を丸めて僧になればいい。タイには広大なセーフティネットがある。写真はバンコクの西側、トンブリ地区。ここにも開けっぴろげでいい意味の監視の目があふれている【撮影/『DACO』編集部】

写真拡大

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部のタイ人経理部長、ブン(女性)が日タイの架け橋となるべく日本人からの質問に答えます。

読者からの相談:飢え死にするタイ人はいるのか
 日本では、失業したり、身の周りに頼る人がいなくなったりすると、真冬に凍死したり、餓死したりする人が結構たくさんいるようです。タイ国内で凍死は難しいとしても、餓死する人はいるのですか?
 もちろん海や山で遭難して助けが来ないなどの場合に餓死することはあるでしょうから、そんな特殊な場合は除いて、自分の足で食べ物のありそうな場所に行ける場合でも、人に助けを求めたりせずに餓死してしまう人はいるのか?を聞きたいです。
 日本人は過剰に自分自身に責任を感じて他人の世話になるよりも、あえて死を選ぶような部分があると思うのですが、タイ人の場合は餓死までするでしょうか?……みたいな、タイ人の気質について聞いてみたいのです。(KOB)


【ブンからの回答】

タイで飢え死に?

 あります。お坊さんが自らミイラ(即身仏)になる場合ですが…。普通は飢餓状態になったら強烈に生きようとすると思うのですが、老衰から結果的に餓死に至るということなのでしょうか。

 他人の世話になるより死を選ぶというのはタイ人にもあります。タイ人とか日本人という国民性ではなく、それは個人の性質に起因するものだと思います。

充実した弱者救済

「自分の足で行ける食べ物のありそうな場所」について。

 タイでは弱者救済や徳を積むという宗教的な教えからセーフティネットがしっかりしています。

 ラチャダムヌン・ボクシングスタジアム近辺のパリナヨック寺で、お金のない人に開放して、托鉢で集まった食べ物を分け与えているのを見たことがあります(寺の食べ物を家に持って帰ってはいけません。業が深いと忌み嫌われます)。

 ローン・ターンと呼ばれる地域の慈善団体による食料や薬の支給が、曜日と時間を定めていろんな場所であります。

 区の役所に相談すれば、困りごとに応じて、しかるべき場所や団体を紹介してくれます。

 たとえば年とった両親の面倒をみられず困っている場合、状況によっては老人ホームを紹介してくれます。

 バーン・バンケーBan Bang Khaeという有名な老人ホームはお金がなければ相部屋、月1500バーツ(約5000円)払えば個室が与えられ、三度の食事とともに面倒をみてくれるそうです(電話:0-2413-1141。タイ国外からかける場合は、最初に66=国番号を付けて0を取ります)。

 このように弱者に対する救済は充実していますが、それでも助けを求めない人はどうなるのでしょうか。

他人ごとに強い関心

 一般に、タイ人は他人に干渉しませんが、自分のこと以上に関心は持ちます。

「あそこの家、何で電気を灯してないんだろう」「なんで窓を開けているんだろう」だれに命じられたわけでもないのに、諜報活動が始まります。

 関心は行動へと駆り立てます。次はその家まで足を踏み入れ、「手助けが要るか?」「食べるものがなければどこそこの寺へ行けばいい」と、親身になって相談に乗ります。

 お節介なのか、だれかにコトの成り行きを喋るためのネタなのかは知りませんが、いい意味での「監視の目」が自死への社会的抑止力となっているわけです。

 なかなか死なせてくれません。


(文・撮影/『DACO』編集部)