フィリップ・リム5年ぶりの来日でグローバル広告モデル発掘

写真拡大

 「3.1 phillip lim(3.1 フィリップリム)」のデザイナーPhillip Lim(フィリップ・リム)が、路面店「3.1 phillip lim AOYAMA」のオープン5周年を記念して5年ぶりに公式来日した。パーティー会場の「3.1 phillip lim AOYAMA」では、2013-14年秋冬シーズンのグローバル広告のミューズをフィリップ・リム自ら選出。来日中に都内某所で撮影が行われるという。

フィリップ・リムが5年ぶりの来日の画像を拡大

 「3.1 phillip lim」は2013-14年秋冬シーズン、日本語の「そのまま」をテーマにコレクションを発表。「そのまま」という日本語の響きに魅力を感じたというデザイナーフィリップ・リムは、コレクションには「自分らしく、そのままでという意味を込めた」と語っている。パーティーには関係者をはじめ、広告モデルの座を狙うモデルなど、女性が多数来場。Phillip Limは滞在時間約1時間で様々な女性とトークや写真撮影を楽しみながら、2013-14年秋冬シーズンのブランドの"顔"を選出した。なお、パーティーで選出された女性は後日広告の公開とともに明らかになるという。

 「3.1 phillip lim」は2013年春夏シーズンからグローバル広告をスタート。これとともにブランドのロゴを刷新した。5周年を迎えた「3.1 phillip lim AOYAMA」のファザードには、グローバル広告とともに新ロゴが大きく掲げられている。