LCC元年のその後。新規参入や中距離LCC就航で、激安空旅は更に進行中!

写真拡大

日本国内線にピーチ・アビエーション(以下、ピーチ)、ジェットスター・ジャパン、エアアジア・ジャパンの低コスト航空会社(LCC)が就航した2012年は、“LCC元年”と呼ばれた。しかし、2013年もその勢いは続いている。

まず、2012年3月1日に日本初の本格的なLCCとして関西〜札幌、福岡線で運航をスタートを切ったピーチは、2012年の11月時点で早々に総搭乗客100万人を突破。当初の計画より約1カ月も早い大台への到達だった。その時点で関西〜札幌、福岡、長崎、鹿児島、那覇の国内5路線、関西〜ソウル、台北、香港の国際3路線、合計で週252便を運航するまでに急成長。「就航当初に想定していた若い女性層よりも熟年層に人気が出て、台湾からの乗客が大きく増えるなどのうれしい誤算もあった」(同社)。そして、2013年5月7日には総搭乗客数200万人を数えた。

ピーチのベース(拠点空港)である関西空港(以下、関空)の動きも迅速だった。2012年10月に沖縄(那覇)に続いて、国内で2つ目となる“LCCターミナル”をオープン。このターミナルは、正式には第2ターミナルビルという名称だが、簡素な構造で必要最低限の施設しかないなど、実質的にはLCC向けのターミナルと言える。関空は「航空会社の離発着料の引き下げを検討するとともに、3つ目のターミナル建設も検討中」(新関西国際空港)であり、今後もLCCが就航しやすい体制を充実させる計画だ。

ピーチは4月に関空〜仙台を就航し、6月14日には関西〜石垣を、9月13日には関西〜釜山を新規就航する予定で、さらには関空に加え那覇を第2のベースにする計画も発表。9月13日には那覇〜石垣を開設する予定だ。

2012年7月に就航したジェットスター・ジャパンは、全国区で路線を展開している。2012年7月3日に成田〜札幌、福岡線で運航を開始し、その後、成田〜関西、那覇、関西〜札幌、福岡、那覇、更に2013年3月31日からは成田〜大分に加え、名古屋〜札幌、福岡で中部空港からの便もスタート。5月31日からは成田〜鹿児島、名古屋〜鹿児島、6月11日からは成田〜松山を開設予定で、夏頃には名古屋〜那覇の就航も計画している。

急速な路線の拡大も手伝って、2013年3月22日にはピーチに次いで搭乗者の総数が100万人の大台に乗った。

ただし、ジェットスター・ジャパンの戦略は異質だ。同じグループのジェットスター航空が2007年3月に関空に乗り入れており、国内線にジェットスター・ジャパンが就航した際、一定の知名度はあった。しかしそれでも、ジェットスター・ジャパンは国内線を就航するに当たって乗客サービスを徹底した。欠航便が出ると夕食代(3,500円)、宿泊代(1万2,000円)、自社クーポン(8,000円)などを進呈するなど、手厚いサービスを実施。就航当時は欠航して乗れなくなった客をJALに振り替えた。

ここまでの手厚いサービスはレガシーキャリア(大手航空会社)でも珍しいが、LCCではほとんど聞かない。ジェットスター・ジャパンは「3年は赤字覚悟で乗客の獲得と認知度の浸透に力を入れている」(関係者)。日本の消費者はまだLCCに対する認知度が高くなく、欠航したら何らかのサービスが受けられるという認識がある。JALとの共同運航やマイレージサービスでの提携もスタートし、乗客はより集まりやすくなった。日本というマーケットに即した事業展開をしているのが奏功していると言える。

逆に、海外で成功したビジネスモデルを変えずに、やや苦戦しているのがエアアジア・ジャパンだ。ジェットスター・ジャパンより1カ月遅い2012年8月1日に、成田〜札幌、福岡線で国内線を就航。その後、成田〜那覇、国際線の成田〜ソウル、釜山、また2013年2月27日からは名古屋〜ソウル、3月31日からは名古屋〜福岡、札幌線を就航するなど路線は増えているが、ピーチに比べると搭乗率が総じて低い。