同組のリディア・コと健闘を称えあう佐伯(撮影:上山敬太)

写真拡大

<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 2日目◇10日◇茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6,669ヤード・パー72)>
 茨城県にある茨城ゴルフ倶楽部西コースを舞台に開催中の国内女子メジャー初戦「ワールドレディスサロンパスカップ」の2日目。今季ここまで2週連続優勝を挙げ賞金女王レーストップを走る佐伯三貴は3バーディ2ボギーの“70”でラウンド。リュ・ソヨン(韓国)と並び首位と2打差の2位タイで決勝ラウンドへ進んだ。
1週ブランクも関係なし!佐伯三貴が好調そのままに3位タイ発進!
 佐伯は前半から2つのバーディを奪うなど着実にスコアを伸ばし、14番で3つ目のバーディを奪った時点で単独首位に浮上する。しかし迎えた最終18番、ティショットを左に曲げるミスからこの日唯一にボギーを叩きトータル5アンダー。午前組がラウンドを終えた時点では首位タイとなっていたが、午後組の藤田幸希が7アンダーまでスコアを伸ばしたため2位タイで予選ラウンドを終えた。
 ラウンド後、記者会見に登場した佐伯は「ショットが良かっただけに、今日はちょっと悔しいです」と不満気。というのも佐伯は前半から2,3メートルのバーディチャンスを量産、さらに10番では1メートルにつけるなどショットが切れていたが、チャンスをものにすることができなかったのだ。
 伸ばしきれない原因となったパッティングについて佐伯は「ラインの間違いもあったし、ストロークのミスもありました。でもパッティングは入る時は入るし、入らない時は入らないものなので」と全く引きずっていない様子。「良い位置で予選ラウンドを終えられたので、パットを修正して明日からまた頑張りたいです」1週空けての3試合連続優勝に向けてまずは好位置はキープした。明日からの決勝運ラウンドで持ち前の勝負強さを発揮できるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
LIVE写真館で最新試合をチェック
AKB48 山内鈴蘭のナンでもやってやろう!
ALBA.Netのスーパールーキーが最新クラブを斬る!