もうドラッグはやってない? ニック・スタール (c)Hollywood News

写真拡大

『ターミネーター3』(03)で主演のジョン・コナー役を演じた33歳の俳優ニック・スタールが公の場に現れ、自分の人生が好転しているとパパラッチに語った。

ニックは昨年に2度も妻や友人に行き先を告げずに失踪して行方不明になるという騒動を起こしており、彼がドラッグ中毒者になっているという事実は多くの人間を驚かせた。昨年の5月にドラッグ中毒を治療するためにリハビリ施設に入所したが、退院した数日後にロサンゼルスのダウンタウンを徘徊しているところを目撃されるなど、彼の状態が心配されていたのだ。

そんなニックがアメリカ時間5月8日にロサンゼルスのDMV(陸運局)に運転免許を取るために現れた。ゴシップサイト「TMZ」のパパラッチが、そこでの運転試験に合格したニックに話しかけ、「ニュースに出ることが多くなっていたけど、大丈夫かい?」と聞くと、彼は「すべてが良い方向に向かっているよ。本当にいい感じに人生が好転しているんだ」と笑いながら答えたのだという。

彼が運転免許を取得しようとしているのも、自分の力で人生をより良くするためなのかもしれない。『BULLY』(01)や『シン・シティ』(05)などの作品で役者としての才能を見せていた彼の映画界への復帰に期待したい。【村井 ユーヤ】