京都府・新京極に手作りアイスクリームショップ登場 -初日は1,800人が無料

写真拡大

アイスクリームショップの「HANDELSVAGEN(ハンデルスベーゲン)」は11日、京都府・新京極通りに新京極店をオープンする。

同社は、本物志向のプレミアムアイスクリームショップ。すべて手作りによるアイスクリームは、沖縄産の未精製砂糖と北海道産の牛乳や生クリームを使い、しっかりとした甘さで濃厚な味わいが特徴とのこと。

定番フレーバーの「チョコミント」は緑色の着色料を使用せず白い色をしているなど、添加物は最小限に抑えている。また、福岡のブランドイチゴ「あまおう」や「アルフォンソマンゴー」など、オーガニックな食材も使用している。

2011年に1号店の北山店を、2012年に2号店の北大路店をオープンし、このほどオープンする同店は3店舗目となる。インテリアは、北欧風のクラシックな雰囲気を演出。全16種からなるフレーバーをはじめ、2階席ではワッフルプレートなどのメニューも用意する。価格は、各フレーバーがSサイズ350円、Mサイズ490円。ワッフルプレート(アイス付き)ドリンクセットは1,100円となる。

オープン記念イベントとして、11日13時から先着1,800人に「ふるまいアイス」としてアイスミニカップを無料で提供する。