『ハングオーバー!!! 最後の反省会』 (C)2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LAGENDARY PICTURES
 イイ年した野郎どもが酔っ払った挙句に大暴走。いい意味で最低のコメディーシリーズ『ハングオーバー』の完結編『ハングオーバー!!! 最後の反省会』が6月28日より公開される。その気になる物語が、新たに公開された予告編映像で判明。果たして最終章で彼らはどんなトラブルに巻き込まれるのか?



 父親を亡くした自称“専業息子”アラン(ザック・ガリフィアナキス)が精神療養施設“希望の家”に送られることになった。彼とともに車で施設に向かうのは、イケメン教師のフィル(ブラッドリー・クーパー)と神経質な歯医者のステュ(エド・ヘルムズ)、アランの義兄ダグ(ジャスティン・バーサ)。だがその道中、ジョン・グッドマン率いる謎のお面ギャングから襲撃を受け、ダグが人質に捕られてしまう。ボスはバンコクの刑務所から脱獄したミスター・チャウ(ケン・チョン)に金を盗まれ、残った3人に「チャウを探してこい」と命令。彼らがなぜこんな目に遭ったのか…それは、アランとチャウがメル友だというしょうもない理由からだった。

 フィルは崖からダイブし、ステュはリムジンで暴走するなど相変わらずの騒動に巻き込まれる一行。逃げる闘鶏に鉛球をぶっ放し、ベガスの空を飛びながら「コカイン最高」と叫ぶチャウのクレイジーさが際立つが、そんな彼とアランの別れ話にはセンチメンタルな雰囲気も。しかし、チャウを演じたケン・チョンが「(チャウは)刑務所から脱獄して、アランの盲目な忠誠心につけ込んで利用するんだ」とコメントしていることから、この「一緒にいると災難しか起きない」という今更感いっぱいのコメントについても、裏しかなさそうだ。

 予告編とともに届いたキャラクタービジュアルを見てみると、そんなチャウがぐったりした状態でステュに抱きかかえているもがもあり、“どうしてこうなった”という疑問は増すばかり。『テッド』に続き、町山智浩氏が字幕監修をする本作品。男たちの反省会がどのような展開になるのかは、その目で確かめて欲しい。

『ハングオーバー!!! 最後の反省会』は、6月28日(金)、丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他 字幕/吹替同時ロードショー

『ハングオーバー!!! 最後の反省会』 - 公式サイト

【関連記事】
「もう しません。」で許されるのか? 『ハングオーバー!!! 最後の反省会』日本語版の予告編&ポスタービジュアル公開
まさかのパクりビジュアルに騒然 『ハングオーバー』シリーズ完結編の邦題と公開日が決定


MOVIE ENTERのTOPへ