J・J・エイブラムス最新ドラマが放送開始!

写真拡大

人気ドラマ「LOST」「FRINGE/フリンジ」などを送りだしたヒットメーカーJ・J・エイブラムスと、「スーパーナチュラル」のエリック・クリプキ製作の最新ドラマ「レボリューション」ファーストシーズンが、5月15日からスマートフォン向け放送局「NOTTV(ノッティーヴィー)」で独占放送されることが決定した。

ドラマは、世界同時に“ブラックアウト”と呼ばれる大停電が発生した終末の地球を舞台にしたサバイバル・アクションで、2012年のアメリカ新作ドラマで視聴率No.1を記録した。NOTTVではファーストシーズン前半(1〜10話)を今年1月から3月にかけて日本独占初放送したが、アメリカで3月25日からファーストシーズン後半(11話〜)の放送が開始されたことを受け、このほど1話から最終20話までのファーストシーズン完全放送が決定した。

映画「アイアンマン」の監督ジョン・ファブローが第1話の演出を担当、「トワイライト」シリーズのビリー・バーク、「LOST」のエリザベス・ミッチェルらが出演する。

「レボリューション」ファーストシーズンは5月15日放送開始、毎週水曜午後9時放送。

■関連記事
J・J・エイブラムスの新ドラマ「レボリューション」とは?
J・J・エイブラムス、米製作者協会から功労賞を受賞
J・J・エイブラムス製作の新ドラマ「レボリューション」がフルシーズン化
J・J・エイブラムス&アルフォンソ・キュアロン監督、新ドラマでタッグ
J・J・エイブラムスの新ドラマに、「LOST」のエリザベス・ミッチェルが参加