豪華なデビッド・ボウイMV

写真拡大

デビッド・ボウイの新アルバム「ザ・ネクスト・デイ」からリリースされる、アルバムと同タイトルのサードシングル「ザ・ネクスト・デイ」のミュージックビデオに、ゲイリー・オールドマンとマリオン・コティヤールが出演していることがわかった。オールドマンとコティヤールは、昨夏大ヒットしたクリストファー・ノーラン監督の映画「ダークナイト ライジング」で共演している。

ミュージックビデオは、神父に扮したオールドマンが物乞いの少年を殴った後に、聖職者たちが集まる淫らなクラブを訪れると、ステージではキリスト風コスチュームのボウイが歌っている。コティヤールは、肌を露出させたセクシーな聖女の1人を演じており、オールドマンに誘われて一緒にダンスするコティヤールの両手のひらから血が噴き出してくるという内容だ。

米ローリング・ストーン誌によれば、ボウイは新アルバムからのセカンドシングル「ザ・スターズ」のミュージックビデオでは、ティルダ・スウィントンと夫婦役で共演した。「ザ・スターズ」、そして今回の「ザ・ネクスト・デイ」はともにフローリア・シジスモンディが監督を務めている。

「ザ・ネクスト・デイ」(完全生産限定盤2800円、通常版2500円共に日本盤のみのボーナストラック収録)は発売中。

■関連記事
デビッド・ボウイ&イギー・ポップのベルリン時代描く伝記映画製作へ
ゲイリー・オールドマン、映画版「チャイルド44」に出演
「猿の惑星」最新作にゲイリー・オールドマン
マリオン・コティヤール、ダルデンヌ兄弟の新作に主演
B・ベルトルッチ10年ぶりの新作「孤独な天使たち」予告編 挿入歌はD・ボウイ