ティファニー「華麗なるギャツビー」のために作られたハイジュエリー発表

写真拡大

 「Tiffany(ティファニー)」が、レオナルド・ディカプリオ主演映画「華麗なるギャツビー」のために衣裳デザイナーのキャサリン・マーティンと共同制作した「グレート ギャツビー」コレクションを発表した。プラチナやダイヤモンド、パールを使用し、劇中で描かれる1920年代当時の流行の装いを引き立たせる一点もののハイジュエリーを展開。また同コレクションからヒントを得た「ジーグフェルド」コレクションも制作し、全国の「Tiffany」ブティックで販売がスタートした。

映画「華麗なるギャツビー」×ティファニーの画像を拡大

 6月14日公開の「華麗なるギャツビー」は、アメリカ経済が空前の大繁栄をとげた「狂乱の20年代」を舞台にした映画。ゴージャスな世界観を演出するため、「PRADA(プラダ)」や「MIU MIU(ミュウミュウ)」、「Brooks Brothers(ブルックス ブラザーズ)」が衣裳、「Tiffany」はジュエリーをはじめインテリアや磁器、フラットウェアなどを提供した。

 劇中に登場する「グレート ギャツビー」コレクションでは、アーカイブジュエリーをインスピレーションにストーリーのテーマである富や名誉を表現。制作に携わったキャサリン・マーティンは「Tiffany」のアーカイブについて「この豊かな黄金時代を回想するための貴重なリソースとなりました。Tiffanyこそ、映画に最もふさわしいジュエラーであると感じています」とコメントを発表している。

 一方「ジーグフェルド」はアメリカの活気溢れるジャズエイジから着想を得て制作されたコレクション。ウィメンズ向けに、タッセルがついたロングネックレスやパールを使ったドロップピアス、デイジー・ブキャナンをモチーフにしたペンダントなどをラインナップし、メンズ向けにはブラックエナメルを使用したオーバルシェイプのカフリンクスや、スターリング シルバー台にブラックオニキスをステップ状にセットしたシグネットリング等を展開する。

■「華麗なるギャツビー」
 公開日:2013年6月14日(金)
     丸の内ピカデリー他、全国ロードショー 2D/3D同時公開
 配給;ワーナー・ブラザース映画
 URL:www.gatsbymovie.jp