「ダメだったときは、僕を選んだ鈴木さんと宮さんが悪いんです(笑)」と庵野

写真拡大

7月20日公開となるスタジオジブリ最新作『風立ちぬ』。宮崎駿監督の5年ぶりの作品としても話題を集める本作は、一人の青年技師“堀越二郎”の半生の物語だ。零戦を設計したことで知られる堀越二郎と、同時代を生きた文学者、堀辰雄をモデルに、技師としての生き方や薄幸の少女菜穂子との出会いなどを、完全なフィクションとして描いている。この度、主人公である二郎の声優を、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズでおなじみのアニメ監督、庵野秀明が務めることが発表された。

【写真を見る】庵野が声を務める堀越二郎。『風立ちぬ』は7月20日より全国東宝系にて全国ロードショー

早口である、滑舌がよい、凛としているというイメージで主人公の声優を探していた宮崎監督。鈴木敏夫プロデューサーは庵野の名前を候補に上げた。宮崎監督と庵野の繋がりは深い。84年公開の『風の谷のナウシカ』では、庵野はアニメーターとして巨神兵のシーンを描いている。以来、宮崎監督を師と仰ぐ庵野は、声優と聞き「最初から断ることはできない」とオーディションに参加。声を聞いた宮崎監督は、満面の笑みで「やって」と直々の依頼をしたという。庵野はテレビアニメ「アベノ橋魔法☆商店街」(02)の1エピソードで声優を務めたことはあるが、長編アニメのしかも主演声優というのはもちろん初めて。

アフレコ収録は4月中旬よりスタジオジブリで開始された。「宮さん(宮崎駿)にオーディションで言われたのが『寡黙な男でセリフはそんなにないから』ということで。それを信じて引き受けたのですが、ずっとしゃべりっぱなしだし、歌はあるわ、フランス語もドイツ語もあるわで、完全にだまされた!って感じです(笑)」という庵野。序盤は「難しい」を連発していたが、宮崎監督から「うまくやろうとしなくていい。いい声だからでなく、存在感で選んだのだから、それを出さなくてはならない」とのアドバイスを受け、次第に調子をつかんでいった。やがて、同じセリフを何度も繰り返しながら「この練習部分も(録音を)回しておいてくださいね」とお願いしたり、「今の中で使えるものがあると思います」と自分でOKを出したりと、日ごろの監督らしいコメントも飛び出すように。これには宮崎監督も「監督が二人いるみたいでややこしいな」と笑いを見せた。庵野は4日間に渡ったアフレコ収録を通じ役どころをすっかりつかんだ様子で、ヒロインとの愛をささやくシーンにいたっては、現場に居合わせた全員が息をのむほどの完成度の高さを見せての一発OKを出していた。

ジブリ作品はこれまでにも、「となりのトトロ」(88)の糸井重里や、「耳をすませば」(95)でジャーナリストの立花隆など声優や俳優ではない人を起用している。だが、彼らが脇役なのに対し、本作の庵野は主人公。どのような仕上がりになっているのか、期待が高まる。【Movie Walker】