スズキ”快走”、最終利益は過去最高803億円--13年3月期、国内売上初の1兆円超

写真拡大

スズキは9日、2013年3月期の連結決算を発表した。それによると、最終利益(純利益)は前期比49.2%(265億円)増の803億円と過去最高となった。四輪車事業の米国撤退に伴う損失や欧州での売上減少を、日本やアジアでの四輪車販売の増加や原価低減などで吸収した。

国内売上高は、前期比5.5%(541億円)増の1兆409億円と、初めて1兆円を突破。海外売上高は、円高による為替換算や欧州の景気低迷の影響をアジアの四輪車販売の増加などが吸収し、同0.8%(120億円)増の1兆5,374億円となった。その結果、連結売上高全体は2兆5,783億円となり、前期から2.6%(661億円)増加した。

営業利益は前期比21.2%(253億円)増の1,446億円、経常利益は同19.2%(250億円)増の1,556億円となった。

四輪車事業について見ると、国内売上高は、新型「ワゴンR」「スペーシア」の発売などで商品力を強化した結果、前期を上回った。海外売上高は、円高の影響などをアジアでの販売増加でカバー。その結果、四輪車事業全体の売上高は、前期比4.0%(888億円)増の2兆2,978億円となった。営業利益については、国内四輪車事業の好調やインド、インドネシアでの収益向上などにより、同31.5%(361億円)増の1,506億円となった。

二輪車事業は、欧州やアジアでの販売減少が響き、売上高は前期比9.6%(245億円)増の2,303億円、営業損益は119億円の赤字(前期24億円の赤字)に。特機等事業については、売上高が前期比3.6%(18億円)増の502億円、営業利益が同17.7%(13億円)減の59億円となった。

所在地別の業績を見ると、日本およびアジアでは増収増益。一方、欧州では第4半期は黒字化したものの、第3四半期までの営業損失を挽回できず、通期で赤字となった。

期末配当金については、1株につき前回予想値から2円増配し、10円(前年期末配当金8円)となる予定。これにより、年間配当金は前期比3円増配の18円となる。

2014年3月期の連結業績予想については、純利益が前期比12.0%増の900億円と、過去最高となる見通し。営業利益は同3.8%増の1,500億円、経常利益は同6.0%増の1,650億円、売上高は同8.6%増の2兆8,000億円を見込んでいる。なお、為替レートについては、1ドル=90円、1ユーロ=120円他で換算しており、円安が進めば利益が増加すると考えられる。