遠藤周作『沈黙』。巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化。渡辺謙、イッセー尾形が出演。

写真拡大

Kindleのセール本を中心に、注目本を毎週お届けします。
*20013年5月10日朝の価格です。Kindle本は値段が変動するので買うときにチェックしてね。


■Kindle本、出したよー!
・『米光一成ブックレビュー 本の雑誌2005年編』99円(86%OFF)
・『米光一成ブックレビュー 本の雑誌2006年編』99円(86%OFF)
kindle本を出してみました。オンデマンド版と電書版の2種類。オンデマンド版は683円もしちゃうのでちょっと高いなーって自分でも思うのだが、電書版はリリース記念OFFセール中99円。安い!
『本の雑誌』(本の雑誌社)「新刊めったくたガイド」2005年2006年の連載をまとめたもの。紹介した本はあわせて170冊以上。Amazonリンクが貼ってあるのですぐに購入可能なのは電子書籍ならでは。ぜひ。


■Kindleセール本で注目作は!
・遠藤周作『十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。』240円(47%OFF)
マーティン・スコセッシ監督が映画化に着手、渡辺謙出演、ってことで話題になっている「沈黙」の原作者遠藤周作のエッセー集。
遠藤周作『沈黙』も、Kindleで読めます。

・岩崎夏海『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』400円(76%OFF)
累計270万部の大ベストセラー。高校野球の女子マネージャーのみなみちゃんがドラッカーの『マネジメント』を勘違いして買ってしまうが……!
ドラッカー経営学の集大成を1冊に凝縮したドラッカー『マネジメント[エッセンシャル版]』もKindelで読めます。

・島田裕巳『浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか 仏教宗派の謎』361円(55%OFF)
“日本の主な仏教宗派を取り上げ、その特徴、宗祖の思想、教団の歩み、さらに他宗派との関係、社会的影響をわかりやすく解説”。

・椎名軽穂『君に届け リマスター版 1』183円(55%OFF)
第32回講談社漫画賞受賞。陰気な見た目で怖がられたりしていて少女を中心にして恋、友情を描くピュアな少女マンガ。累計1400万部突破。

・宮城理子『メイちゃんの執事 1』183円(55%OFF)
実は大富豪の娘だった! ひとりの女子生徒にひとりの執事がつく究極のお嬢様学校を舞台に、運命と恋を描く。ドラマ化、宝塚舞台化もされた大ヒット作。

・小飼弾『決弾 最適解を見つける思考の技術』100円(93%OFF)
カリスマブロガー小飼弾の本、kindle化。

・ジョン・ル・カレ『寒い国から帰ってきたスパイ』550円(42%OFF)
英国推理作家協会賞、アメリカ探偵作家クラブ賞両賞を獲得したスパイ小説の金字塔。

・ケイト・アトキンソン『世界が終わるわけではなく』1714円(22%OFF)ポイント171pt
「闘うベストテン場外乱闘篇」海外篇第1位、本好きのあいだで話題になった奇妙な味の短編集。10%ポイント還元。
(米光一成)