Elementary

写真拡大

名探偵シャーロック・ホームズが現代のニューヨークで活躍する米CBSのドラマ『Elementary』。そのシーズン2のプレミア回は、ホームズの故郷である英ロンドンで撮影されることが明らかになった。

【以下は、シーズン1終盤からシーズン2初回にわたる、ややネタばれの情報を含むので注意】

現代のシャーロック・ホームズを、英国人俳優ジョニー・リー・ミラー(『弁護士イーライのふしぎな日常』、そして、女性版ワトソンをルーシー・リューが演じている本作。シーズン2プレミア回の撮影は英ロンドンで7月に行われる。CBSによれば、本作において、ニューヨーク以外で撮影が行われるのはこれが初めてだという。

この回でホームズは、過去の事件を探るためにロンドンに呼び戻され、自分の過去と向き合うことを余儀なくされることに。一方ワトソンは、謎のベールに包まれたホームズの過去と、ニューヨークに彼が移り住む前に関わりのあった人々について知識を深めることになる。

「シャーロックの慣れ親しんだ故郷を目にし、これまで垣間見ることしかできなかった彼の人生をよりよく知る機会となります。シャーロックの旧友や過去に担当した事件を通して、ワトソンは彼についての洞察を深めることになるでしょう。でも、古巣に帰り、いっそう大胆になったシャーロックについていくのは大変でしょうね」と、番組クリエイター/製作総指揮者のロバート・ドハティは語っている。

なお『Elementary』はこれまでのところ、平均視聴者数は約1300万人、18−49歳層では3.0レーティング、25−54歳層では4.1と、好調な成績を保っている。シーズン1の終盤では、ホームズが唯一愛した女性、アイリーン・アドラーが登場。同役をナタリー・ドーマー(『ゲーム・オブ・スローンズ』)が演じている。同シーズンの最終話は、アメリカでは5月16日(木)に2時間枠で放送され、宿敵モリアーティとの対決が描かれるとか。日本でも本作の放送を早く実現させてほしいものだ。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『Elementary』ワトソン役が女性でも、米版ホームズは恋愛なし!?
アメリカ版シャーロック・ホームズのキャラクター設定が判明! それを見た英BBC版のプロデューサーは?
本家『シャーロック』の主演俳優、CBSの現代版ホームズのドラマに好意的