フレイムワーク・マネジメント代表 津田倫男氏

写真拡大

サラリーマンの平均年収は412万円――。ピークの1997年と比べ、50万円以上減少した。もはや現状を維持するのも難しい時代、上昇し続けるためにはどうすればいいか。

■いまの人脈や経験は老後に役立たない!

50歳といえば「知命」の年であり、会社においては出世競争の趨勢が見えてくる頃です。

トントン拍子で出世している方は部下が増え、責任も重くなり、ビジネスマンとして一番脂の乗り切った時期になるでしょう。役員に昇格しバリバリ働いているような出世競争の勝ち組は、いまは目先の仕事で手一杯で将来のことは考えたいけれど考える余裕がない、というのが実際ではないでしょうか。勝ち組の人たちは、そのまま会社人生のラストスパートをかければよいと思います。

その一方で上がれる地位にまで上りきった人、あるいは役職定年制などで現在のポジションを維持できない人たちがいます。役職には限りがありますから、全体の割合からすると、こちらのほうが大多数でしょう。

では、残念ながら出世競争で負けた人はその先、きたる定年後を見据えながら何をモチベーションとして、どのように働いていけばよいのでしょうか。

率直に言えば、まず自分自身を厳しく評価し直す必要があります。50代の方によく見られるのが、いま持っている人脈や仕事の蓄積、ノウハウを定年後の第二の仕事人生で活かせる、という勘違いです。会社の肩書がなくなったとき、周囲の人たちはさっと離れていってしまう可能性があります。自分が力を発揮できるようなポジションや環境を得られるとも限りません。

これはなかなか受け入れがたいことでしょう。しかし自分に対する評価の見直しが、その後の人生の成功を大きく左右するポイントになります。

私がおすすめしているのは「3つの自己否定」を行うことです。

1つ目は「ネガティブな感情を捨てる」。

たとえば社内抗争に敗れた人が敗北を引きずったまま第二の人生を送るケースがあります。こういう人は自分を負かした人への憎さから、なんとか見返してやろうという発想ですべてを回そうとします。別の会社に転職しても、前の会社の動向が気になってしょうがなく、下手をすると妙なちょっかいを出したりする。そんなことをしても何のプラスにもなりませんから、まずネガティブな感情を捨て去ることです。

2つ目は「成功体験を捨てる」。

前述したようにいま持っている人脈やノウハウを第二の人生で活かせると思い込んでいる50代の方は少なくないと思いますが、それほど簡単ではありません。

3つ目は「チームで働くという発想を捨てる」。

これまで会社の中のチームという単位で仕事をするのが当たり前であったのに対し、第二の人生では会社を離れて1人になったとき、何ができるのかを考える必要があります。

■釣り、ゴルフ……「心の逃げ場」をつくる

出世競争に敗れた側の人ほど、緊張感を持って第二の人生に向けて態勢を整えなければなりません。現在はどんな大企業でも何が起こるかわからない時代です。有事の際、先にクビを切られるのは負け組の側です。そんな事態に直面して、あるいは定年退職してはじめて現実と直面し、あたふたとしないためには、相応の準備が必要になるのです。

突然会社をクビになれば嫌でも人生を見直さざるをえませんが、普通はそこまでドラスティックな変化は起こりません。徐々に権限を削られて、「どうも自分はこの会社で上にいける目はないのだな……」とだんだんわかってくるのが実際です。そんな予兆を感じたら、3つの自己否定を考え始めてみることです。

あたふたしないためには、仕事の面に加え精神的な面においても備えが必要です。何があってもそこへいけば自分が癒やされる、いわば心のサンクチュアリを持っておきましょう。それはゴルフでも釣りでも何でもいい。子供や孫と接している時間がそうだという人もいるでしょう。いざというときの精神的な逃げ場を持っておくことも大切です。

以上のような前提を整えたうえで、実際に50代の人はどのように働くのがよいのかについて考えてみましょう。

■“最後のご奉公”でやる気をアップ

出世の可能性がなくなっても会社に残るという人は、自分が会社の中でやりたかったがまだできていないことを、退職までの期間を考慮に入れながらやり遂げていくといいと思います。

たとえば職場の雰囲気が暗く、いろいろな問題が生じていて何とか是正すべきだと思うなら、自分が旗振り役になって職場改革に取り組んでみる。「こうなるといいな」と思っているテーマについて、会社への最後のご奉公として取り組んでいけばモチベーションも維持できます。

十分な貯金がある人は別ですが、定年後を見据えた準備も必要です。年金をもらえるまでにはタイムラグもあり、多くの人が働くことを希望するのが現実でしょう。

そこでの選択肢としては、大きく分けて熟年起業と再雇用があります。

熟年起業というと、ハードルが高いように聞こえるかもしれません。が、何も孫正義氏や柳井正氏のようなカリスマ経営者を目指す必要はない。自分の家族が生活できる分を稼げばいいのです。

いつか独立したい、一度は社長をやってみたい……。そう思っていた人は起業に向いています。60歳定年なら、55歳くらいから経験のたな卸しや起業の計画を練り始めましょう。拙著『60歳からの「熟年起業」』では具体的なケースや方法論を紹介しています。

ただし、成功確率は高くありません。相当のやる気と覚悟がある人でないとおすすめはできません。

多くの人にとって、現実的な方法は再雇用でしょう。会社に長くしがみつけば、それだけお金を蓄えられるメリットもあります。

「しがみつく」と聞くと、いやいや働くようなネガティブな印象を持つかもしれません。それではダメです。再雇用されるためには、自分自身がポジティブに仕事をできなければなりません。

確実に再雇用されるのはどのような人材か。3つのチェックポイントがあります。

1つ目は社「内」で支持されているかどうか。2つ目は、社「外」で支持されているかどうか。3つ目は、自分のやりたい仕事があるかどうか。チームのメンバーや顧客から頼りにされていれば、会社も簡単にあなたを外すことはできません。

もし、この3つが欠けているのなら、定年までに改善する努力をしましょう。信頼関係をあらためたいのなら、まずは前述の「3つの自己否定」をしたうえで部下や同僚と接してみてください。

ただし、いつまでも会社が再雇用してくれるわけではありません。ある程度年齢がいった後も働き続けたいのであれば、個人事業主になることが近道です。要するに、一人親方になる。そして雇用関係が終わった会社から、新たに業務を請け負っていくのです。定年退職者への業務委託は会社側にとっても、仕事を任せる相手がどんな能力を持ち、どの程度信頼できるかがわかっているというメリットがあります。

こぢんまりした話が多いな、と感じられる方がいるかもしれません。40代までは「もっと大物になるんだ」と言っていてもよいのでしょう。しかし、50代に入ってもまだ本来の自分はこんなものではなく、地位も収入ももっと高くあるべきだと思っていると、人生が不幸になってしまいます。

最近、神戸女学院大学名誉教授の内田樹先生が、自分はこれほどの者で大したことはないと思ったほうが楽に生きられる、という趣旨のことを語っておられました。まさに知命の年というように、50代はいい意味で自分の限界を知るべき時期といえるでしょう。

----------

フレイムワーク・マネジメント代表 津田倫男
一橋大学卒業、スタンフォード大学MBA。都市銀行、外資系ベンチャーキャピタル代表などを経て独立。著書に『老後に本当はいくら必要か』など。

----------

(フレイムワーク・マネジメント代表 津田倫男 構成=宮内 健 撮影=上飯坂 真)