母親を表す漢字は「愛」、中には「変」「妙」も - 「母の日に関する調査」

写真拡大

マーケティングリサーチを行うネオマーケティングはこのほど、「母の日に関する調査」の結果を公表した。調査は4月17日〜18日に、母の日にお祝いを考えている全国の男女18歳以上を対象にWEBアンケート形式で行われた。有効回答数は500件。

「あなたの母親を漢字一文字で表すとしたら、何かを教えて下さい」という質問で最も多かった回答は「愛」の18.8%だった。「優」の15.8%、「暖」の11.0%が続き、同社は、「優しくあたたかな母親を表した漢字があげられた」と分析している。変わった回答としては、「変」「秘」「妙」「恋」などがある。

理想の母親についてたずねたところ、最も多い回答は「八千草薫」の25.4%だった。次いで「吉永小百合」の19.2%、「岡江久美子」の12.2%となっている。「その他」(15.4%)の回答では「自分自身の母親」をあげた人も多かったとのこと。

母親の呼び方について質問したところ、70.2%が「お母さん」と回答した。次いで「おふくろ」が8.2%、「ママ」が6.2%となっている。「その他」の中では「おかん」が多かった。

続いて、母親のことが好きかをたずねると、60.8%が「好き」と回答。「まあまあ好き」が25.6%、「どちらともいえない」が11.4%と続いた。

「あなたは子供のころと比べ、母親への想いはどう変化しましたか」という質問には、58.8%が「子供のころと変わらない」と回答。同社は、母親のことを「好き」と回答した人が60.8%だったことから、子供のころから変わらずに母親を好きな人が多いと分析している。

「あなたは普段、母親に感謝の気持ちを伝えていますか」との質問には、「たまに伝えていると思う」が44.6%と最も多く、「あまり伝えていないと思う」が33.2%で続いた。

母の日の贈り物では「花」が最も多く、「今年の母の日はどのようなものを贈る予定ですか」と聞いたところ、1位が「花(カーネーション)」の29.6%、2位が「花(カーネーション以外)」の20.0%となった。3位は「洋服、鞄等アパレル用品」の19.4%。

母親へのプレゼント選びのポイントをたずねたところ、「普段から使えるもの」が1位で36.0%、「母親の好みやリクエストされたもの」が2位で34.4%、「感謝の気持ちが伝わるもの」が3位で31.8%となった。

今年母の日に贈るものの予算については、「3,000円以上5,000円未満」が39.2%、「3,000円未満」が25.8%で、半数以上が5,000円未満でプレゼントを選んでいることが明らかになった。